青い空はポケットの中に - ハッピーバースデイ・ジャイアン

Home > スポンサー広告 > ハッピーバースデイ・ジャイアン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/88-bfc7170d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に

Home > スポンサー広告 > ハッピーバースデイ・ジャイアン

Home > ドラえもん(原作) > ハッピーバースデイ・ジャイアン

ハッピーバースデイ・ジャイアン

1日ずれてしまったけれど、本日6月15日はジャイアンこと剛田武の誕生日です。ハッピーバースデイ、ジャイアン!!

ジャイアンといえば、ガキ大将、乱暴者、ピンチの時には力を発揮する、映画の時だけいい奴になる、とかそんなイメージだと思います。そうした見方はもちろん正しいですし、それらがジャイアンというキャラクターの魅力とも言えましょう。

しかし、私は「表情豊かなキャラクター」としてのジャイアンに魅力を感じます。ドラえもん関連雑誌でジャイアン特集が組まれた際も同じようなことが述べられていましたが、ジャイアンは実に表情豊かなキャラクターです。もちろん、ドラえもんやのび太、スネ夫といった主要キャラクターも大変表情豊かなキャラクターではありますが、ことジャイアンの表情の豊かさにはかなわないでしょう。

ジャイアンは喜怒哀楽や、それらの4つの感情に含まれない微妙な感情まで私たちに見せてくれます。それはやはりジャイアンの感情の起伏の激しさ、気性の荒さに起因しているものと思われます。

例えば、てんとう虫コミックス第39巻の「ぬけ穴ボールペン」という作品におけるジャイアンの表情が私は特に気に入っています。後に「変ドラ」というサイトで私が思っていたこととほとんど同じことが言及されていて驚いた記憶があります。その作品では、のび太に機嫌を尋ねるジャイアンの屈託のない表情、そして直後の怒りが爆発した表情が、私が最も気に入っているジャイアンの表情のひとつです。この他にもコミックスを読み返せばもっと素敵な表情のジャイアンが見つかると思うのですが、残念ながら今手元にコミックスがないので確認できません。

漫画、とりわけギャグ漫画においては、表情の豊かなキャラクターは必要不可欠です。表情豊かなキャラクターの存在は、その漫画作品の魅力をより一層引き立てます。「ドラえもん」や藤子F作品から強い影響を受けている「ケロロ軍曹」の作者である吉崎観音氏は、「ケロロ軍曹は無表情なので、タママ二等兵はあえて表情の振れ幅を大きくしている。」といった主旨のことを述べています。確かに、無表情がその魅力であるケロロとは対照的に、二重人格という設定のタママは極めて表情豊かなキャラクターとなっています。このように、「ドラえもん」においてもジャイアンが表情豊かなキャラクターの一翼を担っているものと私は考えます。

また、「ジャイアニズム」という言葉を世間に浸透させるまでに至った、ジャイアンの思想・哲学も無視することはできません。mixiにも「ジャイアニズム研究」というコミュニティがあり、多数の参加者がいます。「お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの」という有名なフレーズは、ジャイアンの行動様式のすべてを体現していると言っても過言ではではないでしょう。以前「トリビアの泉」という番組で、ジャイアンの上記のフレーズは、イギリスの諺が由来であるといった主旨の放送が行われたことがあります。番組中ではF先生に関する言及はありませんでしたが、F先生がどうやってこの言葉を思いついたのかは、私には分かりません。

その他にも、「さからうものは死けい!アハハ。いい気もちだ。」「これだけあれば、世界をせいふくできるかもな・・・」「ほしいものは手に入れるのがおれのやりかたさ。」「いつ返さなかった?えいきゅうにかりておくだけだぞ。」など、ジャイアンの名言を挙げれば枚挙に暇がありません。

もうひとつ、ジャイアンはオレンジ色に横線1本や、ジグザグ模様で知られる独特の衣装でも知られます。アニメ版の影響でそうした固定的な衣装に目が行きがちですが、コミックスをひも解けば、ジャイアンは実に多彩な衣装を私たちに披露してくれます。恐らく、当時のF先生のアシスタントの趣味・嗜好と、体の表面積が大きいので自由に服の模様をデザインできるという2つの要素が大きく関係しているのだろうと思われます。有名なところでは、一時期ジャイアンの服の模様に「L・Z」や「Led・Zep」という文字が書かれていたことがあります。ジャイアンがハードロック好きであったかどうかは定かではありませんが(コミックスを読めば、むしろジャイアンは演歌・歌謡曲志向であることが分かります)、これは当時のアシスタントがレッド・ツェッペリンの大ファンであったからだと言われています。そんなジャイアンも、わさドラでは少しずつ、現代的な衣装にチェンジしていくそうです。今日の放送はまだ見ていませんが、ちらっと見た限りではジャイアンがボタン付きの服を着ていました。これからジャイアンがどんな服装になるのか、心配でもあり楽しみでもあります。先日のサークルのライブでは、ドラえもんファンの先輩が、手編みのジャイアンセーターを着てステージに立って演奏していました。私はそれを見て感激したのを覚えています。

思いつくままに書いてみましたが、ジャイアンというキャラクターは、こんな短い文章では書ききれないくらい魅力的な人物です。「ジャイアンについてもっと知りたい!」と思った方々はぜひコミックスを読んでみることをお勧めします。今日は夜も遅いのでこれで。さてさて、1か月分のわさドラ録画分を見なくては・・・。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/88-bfc7170d
Listed below are links to weblogs that reference
ハッピーバースデイ・ジャイアン from 青い空はポケットの中に

Home > ドラえもん(原作) > ハッピーバースデイ・ジャイアン

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。