青い空はポケットの中に - 大学で出会った藤子ファン

Home > スポンサー広告 > 大学で出会った藤子ファン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/79-2d69ac5c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に

Home > スポンサー広告 > 大学で出会った藤子ファン

Home > 藤子不二雄 > 大学で出会った藤子ファン

大学で出会った藤子ファン

こんにちは。大学生活も少しずつではありますが軌道に乗ってきています。大学では、自己紹介をするときにたいてい「藤子ファン」「ドラえもんファン」と名乗るようにしています。高校までは、ドラえもんファンだと私が言っても「ドラちゃんカワイイよね」程度の食い付きしか得られなかった話題です。

ですが、大学は違いました。サークルの飲み会等で藤子話を持ち出すと、驚くほどの勢いで話題に参加してくれる人たちがいるのです。特に藤子ファンではない人たちに対しても、たいていの話題が通じてしまうのが驚きでした。普通の人が「ミノタウロスの皿」と聞いてわかってくれるのですから。

先日の飲み会では2人の先輩と「新魔界大冒険」について論評(?)し合いました。「しずかちゃんが髪をほどくシーンに心惹かれた」「魔界星での冒険シーンをカットしたのが不満だ」「エンディング後の次回作予告は一体何を意味するのか」など、様々な意見が飛び交いました。わさドラの話題は、声だけで拒絶してしまう人が少なからずいると思い、その話題を出す時は大変気を使うのですが、そのような心配は杞憂に終わり、お互いに良かった点・不満だった点を忌憚なく述べることができました。普段はテンションが低く酒を全く飲まない私でも、このときばかりは気分が高揚しました。

大学に入っていろいろな人と出会いました。英語のクラスでいつもつるんでいる仲間は、現役生が1人しかおらず、私も含めて1浪・2浪・社会人経験者までいます。しかもどんな境遇の人でも引け目を感じることなくすんなりと大学に溶け込めています。

一見藤子不二雄とは何の関係もないサークルでも、藤子作品やドラえもんを愛してやまない人が必ずいるということに驚いたのと同時に、藤子作品の持つ懐の深さを感じた瞬間でした。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/79-2d69ac5c
Listed below are links to weblogs that reference
大学で出会った藤子ファン from 青い空はポケットの中に

Home > 藤子不二雄 > 大学で出会った藤子ファン

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。