青い空はポケットの中に - ドラえもん(わさドラ)第24回「昔はよかった」「宝星」

Home > スポンサー広告 > ドラえもん(わさドラ)第24回「昔はよかった」「宝星」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

はるお URL 2005-10-23 Sun 18:28:18

トラックバックありがとうございます。早速こっちからもさせていただきました。

rainyblueさん、毎回毎回丁寧なレビューを書いていてとても感心します。

恐竜のリメイクや新主題歌などわさドラの今後は心配ですが、スタッフの気が変わるとも思えないので、とりあえず来週の放送を待ちたいです。

-----------------

OPアニメが東京プリンの時みたいになったらどうしよう…。

あきラジオ URL 2005-10-26 Wed 03:23:10

映画は、今のアニメの絵柄に慣れてきたので、若干違和感を感じましたが、でも確かに楽しみですよね。
ただ、僕が不安なのは来年以降の映画がどういう風になっていくか…ということで。

11月は「ゴルゴンの首」ですかー。これ、大山ドラでも見た人があるし、確かビデオにもとってあった気がします。どうなるのか、楽しみ。

rainyblue URL 2005-10-30 Sun 02:21:42

>はるおさん
こんにちは、コメントありがとうございます。お褒めの言葉を頂き、光栄です。これからの励みになります。

OPを見る限りでは、明るくてなかなかいい歌で、主題歌としてはいい感じだと思います。また、OPアニメはかなり凝ったつくりになっていましたね。

>あきラジオさん
こんにちは、コメントありがとうございます。映画の最新映像は、恐らくパイロット版、いわばラフスケッチのようなものと判断しています。公開時にはもう少しまとまってくるのではないかと思っています。来年以降は本当に私も予想がつきません。リメイクか、オリジナルか・・・。個人的には、有能な脚本家に原作短編を膨らませたオリジナルストーリーを作ってもらったらいいかもしれないと今は思っています。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/67-e62e2769
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に
Trackback from 安雄とはる夫brog 2005-10-23 Sun 17:54:58

「昔はよかった」「宝星」

この前の記事でリニューアルドラの事はもう扱わないような事を書いたばかりだが、やっぱり取り消す事にする。やはりアニメドラ関係の記事は客寄せになるしね。で、3週間分も休みがあってほぼ1ヶ月ぶりのアニメドラだったが、今回の話はそこそこ面白く見れたのだった。特に「 (more…)

Trackback from masaの共同ブログ 2005-10-23 Sun 18:07:42

わさドラ 05/10/21放送 第23回 感想

まずは、取り急ぎ連絡を。先日、このblogのHit数が1000件を突破しました。これも、見て下さっている皆様のおかげです。ありがとうございました。そして、今後も宜しくお願いします。ということでわさドラ1時間!感想・・・ほか・・・■第44話「昔はよかった」(原... (more…)

Trackback from 戯言人Blog 2005-10-23 Sun 18:30:49

昔に行きすぎなんだよな

 またまた書くのが遅れたが、先週の金曜はリニュ版ドラのスペシャルだった。  と言うか直前までスペシャルであることを知らなかったので、慌ててタイマーを設定しなおしたよ。やっぱり新聞取らないと不便だなあ。  で、1本目は「昔は良かった」。  この話、正直原作も (more…)

Trackback from ごったニメーションblog 2005-10-23 Sun 18:59:55

約1ヶ月ぶりのわさドラ

先月23日の放送以来、実に約1ヶ月ぶりのわさドラ。しかも、今日は1時間SP。さあ、レビュー行きましょうか。「昔はよかった」(単行本第30巻収録)脚本:大野木寛 絵コンテ・演出:塚田庄英 作画監督:富永貞義<あらすじ>パパの子供の頃の話を聞いて、昔は学校も宿題も... (more…)

Trackback from 後悔日誌 2005-10-23 Sun 21:21:27

さようならドラえもん(のうた)

 まず『ケロロ軍曹』。毎回“知ってる人は知っている”ネタが多いが、今日は『ど根性ガエル』のような、『美鳥の日々』のような…。ゲストが中原麻衣さんって……。 それはともかく、お久しぶりの『ドラえもん』スペシャル(特にタイトルはなし)。 今まであるようで、実 (more…)

Trackback from LIL's commonplace days 2005-10-23 Sun 21:27:10

わさドラ第24回『昔はよかった』『宝星』

3週ぶりの放送、『ドラえもん1時間!2006年MOVIE(秘)映像見せますSP!!』。『昔はよかった』(てんコミ30巻)この話の中でのび太は何ひとつ仕事をこなせないわけだけど、言われなくても自分から働こうという意識はあるのだなぁ、と妙なところで感心してしまった。それに医者 (more…)

Trackback from パンポロリン! 2005-10-23 Sun 21:44:34

ドラえもん1時間!2006年MOVIE(秘)映像見せますSP!!のメモ

『ドラえもん1時間!2006年MOVIE(秘)映像見せますSP!! 』見ました。3週間ぶりのドラえもんです。90年代のフジテレビ「キテレツ大百科」の1ヶ月放送無しに比べたらユルいですが、やっぱ3週無しは長いですね。・ミニアニメに声の案内人が登場。秋元羊介さんの声だ... (more…)

Trackback from はなバルーンblog 2005-10-23 Sun 23:12:10

10/21 ドラえもんSP「昔はよかった」ほか

 都合で一日遅れてしまったが、約一ヶ月ぶりとなるアニメ「ドラえもん」の感想。今回は、枠を拡大しての54分スペシャル。「昔はよかった」(脚本/大野木寛、絵コンテ・演出/塚田庄英、作画監督/富永貞義) 基本的に原作通りだったが、冒頭でパパが昔を懐かしむシーンや、 (more…)

Trackback from ドラえもんで、行っとけ! 2005-10-24 Mon 02:59:56

ドラえもん 10月21日放送 「昔はよかった」「宝星」

やっとドラえもんが始まりました。3週間休みが続きましたが、これはしずかちゃん役のかかずゆみさんがご妊娠されたため、そのストックを作っておくための休みだったのではないかと思っています。 ☆「昔はよかった」 評価○ パパがしみじみと昔の回想をした後、大山ドラ (more…)

Home > スポンサー広告 > ドラえもん(わさドラ)第24回「昔はよかった」「宝星」

Home > ドラえもん(TV) > ドラえもん(わさドラ)第24回「昔はよかった」「宝星」

ドラえもん(わさドラ)第24回「昔はよかった」「宝星」

約1ヶ月ぶりのわさドラ放送。今回は「ドラえもん1時間! 2006年MOVIE(秘)映像見せますSP!!」と題しての拡大版だった。映画の最新情報が公開されるのも見所の一つだった。思えば様々な出来事が起こった1ヶ月間だった。それはさておき早速レビューに入りましょう。

◆「昔はよかった」

脚本:大野木寛 絵コンテ・演出:塚田庄英 作画監督:富永貞義
出典:てんとう虫コミックス第30巻

30巻といえば散々読み返した巻なので、「昔はよかった」も印象深い話の一つだ。のび太が過去での体験を通して現在を生きることの大切さを学ぶ話。しかし、この話には様々な解釈の仕方があると私は思うので、読者によって印象が違ってくるのではないだろうか。

本編冒頭、パパがのび太に自らの子供時代を語るシーンが趣深い。桜並木や昔の様子が丁寧なタッチで描かれており、見るものに深い印象を与えてくれた。わさドラは時代設定をはっきりとさせていないが、美術監督によれば15~20年前くらいのイメージで描いているという。今回のパパの子供時代も私にはまんま昭和30年代に見えたし、以前放送された「白ゆりのような女の子」では戦時中だった。このことから、わさドラでは時代設定を特定せずに、時間軸はあくまで原作に準拠する方針だということが窺える。ちなみに、時代設定を2005年、パパの年齢を36歳とすると、パパの子供時代は1970年代後半~1980年代前半ということになる。つまり、この話が描かれた時代くらいになり、もはやテレビゲーム世代に突入しそうな勢いである。そう考えると、ドラえもんも結構昔の作品なのだと思い知らされる。また、今回は公害がひどかった1970年代のイメージで描かれていたが、その頃に比べれば汚染はかなり改善しつつ部分もあるのかな・・・と思う。

江戸時代のシーンでは、百姓の娘が原作以上に印象が強かった。声優さんのおかげだろうか。また、農家の家の造りが非常に細かく丁寧に描かれており、好感が持てた。美しい背景画を見るとなぜだか嬉しい気持ちになってくる。

のび太が三里は何キロメートルかすばやく計算したり、医者の元まで走って行こうとするシーンでは、のび太の賢さや正義感が垣間見える好きなシーンの一つなのだが、提灯を落とすところなどは少し急ぎすぎたという印象だった。

最後に農家の親子にドラが様々な道具をプレゼントするシ-ンがある。未来の道具をひょいひょいと過去へあげてしまってはいるが、この親子にプレゼントをしてあげたくなるドラたちの心理には共感できるものがある。

ドラえもんはよく「子供に夢を与える作品」と評されることがある。それはもちろん正しいと思うが、それだけではないと私は思う。「安易な夢に釘を刺し、現実を生きることの大切さを教えてくれる」だと言うこともできないだろうか。この話がその好例ではないかと思う。また、ただ現実を生きるだけではなく、昔を通して学ぶことができるという温故知新の考え方も教えてくれたのではないだろうか。

ほぼ原作通りで、十分満足できる作品だった。




◆「宝星」

脚本:高橋ナツコ 絵コンテ・演出:鈴木卓夫 作画監督:田中薫
出典:てんとう虫コミックス第44巻

宇宙の壮大な宝探しの物語なのに、宇宙と野比家を何度も往復したり、宝にガツガツしたり、しずかちゃんが妙に冷たかったりと、日常の場面がたびたび登場する。壮大な宝探しと日常性を上手く融合させた話だと思う。

冒頭、「宝探しはぼくの一生の夢なんだ。」というのび太に対して、「貧しい夢だな。」とドラは一蹴するが、そういう宝探しにロマンを感じるところなどは、いかにも現代人らしい夢だと感じる。

後期作品にしては珍しく、この話はしずかちゃんがのび太に対してやけに冷たい。テニスコートだのプール付きの家などと豪語するのび太に対して、「こないだのジュース代返して。」とは・・・。夢心地から一瞬にして現実に引き戻されてしまう。

若干、ドラの線が細いような気がした。黒い線が見えなくなるように感じたときがあった。作画担当者のせいだろうか。

特に良かったのが、未来の宇宙船が飛び立つシーン。洗濯物が舞ったり、ママが被害を被ったりと、日常感がいい味に表現されていた。

それ以外はほぼ原作に忠実だった。前半の話よりもこちらの方がクオリティが高かったように思う。

藤子ファンには比較的評価が低めのドラ後期作品だが、主に後期作品を読んで育った私には(当時は『絵柄が変』『話が怖い』等の理由でなぜか初期作品を敬遠していた)、後期作品の放送は懐かしさを感じる。最近その面白さを知った初期作品は逆に、アニメ版は新鮮な気持ちで見ることができる。



<<映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』最新情報>>

さて、来年3月に公開される映画「のび太の恐竜2006」の最新映像が公開された。

見た感じ、まだまだ「ラフスケッチ」と呼ぶべき段階のものだったように思う。作画監督にベテランの西田稔氏、監督には渡辺歩氏が就任し、テレビ版とは異なる顔ぶれで制作される。今回は映画部として独立した制作を行っているそうなので、テレビ版とは違った作風になるだろう。

最新映像は、線の多いスケッチ画風の動画、リアル路線の背景画、やたらと良く動くキャラクターなどが目に付いた。恐竜ハンターにタイムマシンで追いかけられるシーンなどは渡辺歩らしさが色濃く出てしまってはいるが、作画技術的にはかなりのレベルのものだと感じた。

映像の中に出てきた恐竜ハンターがかなりリアルに描かれていた。コミカルな悪役といった感じではなさそうなので、これは期待大。

恐らくこれはパイロットフィルムだろうから、本編もこのままの映像が流れるということはないだろう。線やキャラの動きももう少し整理されてくるだろう。BGMもパイロット版にありがちなクラシック曲が使われていた。

人によってはかなりの違和感を感じる映像だっただろうが、作画技術的にはかなりのものではないだろうか。これに「ドラえもんらしさ」「藤子Fテイスト」をどれだけ盛り込んでいくかが今後の課題になるだろう。とりあえず、現時点での(作画も含めて)明確な評価は避けることにする。だが、映画の公開がかなり待ち遠しくなったのは違いない。

制作発表の様子も放送された。ピー助の声は子役の神木隆之介君、一人5役にはお笑い芸人の劇団ひとりが選ばれた。神木君はジブリ作品の「千と千尋の神隠し」の坊役、「ハウルの動く城」の魔法使い役でその演技は耳にしている。その2作品を見た限りでは、演技力は十分で愛らしく好感の持てる演技に感じた。ピー助役は鳴き声のみで表現しなければならないので彼には難しいだろうが、大きく外すことはないと思う。劇団ひとりは、お笑いブームに乗じて私も数多の芸人を見てきたが、ネタの面白さは並程度。たまに面白い時もあるが、名前の通り自分一人の世界に入ってしまうネタも多い。演技力は未知数だが、あくまでお笑いの中で判断すると、悪い素材ではないかな・・・と思う。ただ、もっとベテランの声優さんも起用してほしかった。

新OPに関しては既に書いているのでここでは割愛。ただ、アニメ版「ケロロ軍曹」での新OPに関する論争も何度か目にしたが、OP曲は何度か本編内で聴いてみないと評価は定まらないものらしい。



<<今後の放送予定>>

◆10月28日
「あやうし!ライオン仮面」(3巻)
「のび太のなが~い家出」(25巻)

◆11月4日
「正直太郎」(2巻)
「ゴルゴンの首」(20巻)

◆11月11日
「けん銃王コンテスト」(12巻)
「おおかみ男クリーム」(11巻)

「あやうし!ライオン仮面」・・・これは期待せずにはいられない!!
「ゴルゴンの首」・・・原作の怖さをどこまで再現できるのか!?

ソース:コロコロコミック11月号



その他の話題・・・

・三遊亭円楽さんが緊急入院。笑点を見つつ記事を書いたが、桂歌丸さんが司会を代行していた。一刻も早い回復を祈ります。

・東京モーターショー開幕!!忙しい時期ではあるが、この日だけは出かけたいと思い、前売り券を購入。時間があったら当ブログでレポートする予定。

Comments: 3

はるお URL 2005-10-23 Sun 18:28:18

トラックバックありがとうございます。早速こっちからもさせていただきました。

rainyblueさん、毎回毎回丁寧なレビューを書いていてとても感心します。

恐竜のリメイクや新主題歌などわさドラの今後は心配ですが、スタッフの気が変わるとも思えないので、とりあえず来週の放送を待ちたいです。

-----------------

OPアニメが東京プリンの時みたいになったらどうしよう…。

あきラジオ URL 2005-10-26 Wed 03:23:10

映画は、今のアニメの絵柄に慣れてきたので、若干違和感を感じましたが、でも確かに楽しみですよね。
ただ、僕が不安なのは来年以降の映画がどういう風になっていくか…ということで。

11月は「ゴルゴンの首」ですかー。これ、大山ドラでも見た人があるし、確かビデオにもとってあった気がします。どうなるのか、楽しみ。

rainyblue URL 2005-10-30 Sun 02:21:42

>はるおさん
こんにちは、コメントありがとうございます。お褒めの言葉を頂き、光栄です。これからの励みになります。

OPを見る限りでは、明るくてなかなかいい歌で、主題歌としてはいい感じだと思います。また、OPアニメはかなり凝ったつくりになっていましたね。

>あきラジオさん
こんにちは、コメントありがとうございます。映画の最新映像は、恐らくパイロット版、いわばラフスケッチのようなものと判断しています。公開時にはもう少しまとまってくるのではないかと思っています。来年以降は本当に私も予想がつきません。リメイクか、オリジナルか・・・。個人的には、有能な脚本家に原作短編を膨らませたオリジナルストーリーを作ってもらったらいいかもしれないと今は思っています。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 9

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/67-e62e2769
Listed below are links to weblogs that reference
ドラえもん(わさドラ)第24回「昔はよかった」「宝星」 from 青い空はポケットの中に
Trackback from 安雄とはる夫brog 2005-10-23 Sun 17:54:58

「昔はよかった」「宝星」

この前の記事でリニューアルドラの事はもう扱わないような事を書いたばかりだが、やっぱり取り消す事にする。やはりアニメドラ関係の記事は客寄せになるしね。で、3週間分も休みがあってほぼ1ヶ月ぶりのアニメドラだったが、今回の話はそこそこ面白く見れたのだった。特に「 (more…)

Trackback from masaの共同ブログ 2005-10-23 Sun 18:07:42

わさドラ 05/10/21放送 第23回 感想

まずは、取り急ぎ連絡を。先日、このblogのHit数が1000件を突破しました。これも、見て下さっている皆様のおかげです。ありがとうございました。そして、今後も宜しくお願いします。ということでわさドラ1時間!感想・・・ほか・・・■第44話「昔はよかった」(原... (more…)

Trackback from 戯言人Blog 2005-10-23 Sun 18:30:49

昔に行きすぎなんだよな

 またまた書くのが遅れたが、先週の金曜はリニュ版ドラのスペシャルだった。  と言うか直前までスペシャルであることを知らなかったので、慌ててタイマーを設定しなおしたよ。やっぱり新聞取らないと不便だなあ。  で、1本目は「昔は良かった」。  この話、正直原作も (more…)

Trackback from ごったニメーションblog 2005-10-23 Sun 18:59:55

約1ヶ月ぶりのわさドラ

先月23日の放送以来、実に約1ヶ月ぶりのわさドラ。しかも、今日は1時間SP。さあ、レビュー行きましょうか。「昔はよかった」(単行本第30巻収録)脚本:大野木寛 絵コンテ・演出:塚田庄英 作画監督:富永貞義<あらすじ>パパの子供の頃の話を聞いて、昔は学校も宿題も... (more…)

Trackback from 後悔日誌 2005-10-23 Sun 21:21:27

さようならドラえもん(のうた)

 まず『ケロロ軍曹』。毎回“知ってる人は知っている”ネタが多いが、今日は『ど根性ガエル』のような、『美鳥の日々』のような…。ゲストが中原麻衣さんって……。 それはともかく、お久しぶりの『ドラえもん』スペシャル(特にタイトルはなし)。 今まであるようで、実 (more…)

Trackback from LIL's commonplace days 2005-10-23 Sun 21:27:10

わさドラ第24回『昔はよかった』『宝星』

3週ぶりの放送、『ドラえもん1時間!2006年MOVIE(秘)映像見せますSP!!』。『昔はよかった』(てんコミ30巻)この話の中でのび太は何ひとつ仕事をこなせないわけだけど、言われなくても自分から働こうという意識はあるのだなぁ、と妙なところで感心してしまった。それに医者 (more…)

Trackback from パンポロリン! 2005-10-23 Sun 21:44:34

ドラえもん1時間!2006年MOVIE(秘)映像見せますSP!!のメモ

『ドラえもん1時間!2006年MOVIE(秘)映像見せますSP!! 』見ました。3週間ぶりのドラえもんです。90年代のフジテレビ「キテレツ大百科」の1ヶ月放送無しに比べたらユルいですが、やっぱ3週無しは長いですね。・ミニアニメに声の案内人が登場。秋元羊介さんの声だ... (more…)

Trackback from はなバルーンblog 2005-10-23 Sun 23:12:10

10/21 ドラえもんSP「昔はよかった」ほか

 都合で一日遅れてしまったが、約一ヶ月ぶりとなるアニメ「ドラえもん」の感想。今回は、枠を拡大しての54分スペシャル。「昔はよかった」(脚本/大野木寛、絵コンテ・演出/塚田庄英、作画監督/富永貞義) 基本的に原作通りだったが、冒頭でパパが昔を懐かしむシーンや、 (more…)

Trackback from ドラえもんで、行っとけ! 2005-10-24 Mon 02:59:56

ドラえもん 10月21日放送 「昔はよかった」「宝星」

やっとドラえもんが始まりました。3週間休みが続きましたが、これはしずかちゃん役のかかずゆみさんがご妊娠されたため、そのストックを作っておくための休みだったのではないかと思っています。 ☆「昔はよかった」 評価○ パパがしみじみと昔の回想をした後、大山ドラ (more…)

Home > ドラえもん(TV) > ドラえもん(わさドラ)第24回「昔はよかった」「宝星」

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。