青い空はポケットの中に - ドラえもん(わさドラ)第20回「ご先祖さまがんばれ」

Home > スポンサー広告 > ドラえもん(わさドラ)第20回「ご先祖さまがんばれ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/58-8296e649
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に
Trackback from パンポロリン! 2005-09-03 Sat 01:46:49

「ご先祖さまがんばれ」鑑賞メモ

今夜のドラえもんは、テレビ欄などでは『ドラえもん誕生日!!巨大ドラ焼きあげちゃう!スペシャル』と注目を惹かせるサブタイトルが銘打たれていますが、実際のオンエアでは特に表記はなく通常版での放送でした。本編の前に今夜のアニメをテレビの前で見るドラえもんのミ... (more…)

Trackback from LIL's commonplace days 2005-09-03 Sat 09:10:13

わさドラ第20回『ご先祖さまがんばれ』

『ドラえもん誕生日!!巨大ドラ焼きあげちゃう!スペシャル』と何やら仰々しいサブタイトルですが、普段通りの30分番組。このタイトルから視聴者プレゼントがドラや等で販売されていた巨大ドラ焼きかと思いきや、プレゼントは「もっとドラ」の第3号。巨大ドラ焼きは挿入され (more…)

Trackback from masaの共同ブログ 2005-09-03 Sat 23:19:01

わさドラ「ご先祖さまがんばれ」感想

■第39話「ご先祖さまがんばれ」(原作:てんコミ1巻、脚本:大野木寛、絵コンテ・演出:腰 繁男、作画監督:富永貞義)この回の制作話数は、普通に考えれば39話だが、「アニメージュ」では41話という表記になっている。ちなみに、この話は大山ドラでも数年前にリメイ... (more…)

Trackback from TheSkyBeans 2005-09-04 Sun 15:01:12

わさドラ 9.02

早いもので9月になってしまいましたね。「ドラえもん+3巻」「もっと!ドラえもん3巻」も発売され、いつのまにか「ドラえもん川柳」(短歌だったかしら)なるものまで発売していた。さすが誕生月は意気込みが違うなぁ(?)。前置きはこのくらいにして、短めですが今回の (more…)

Trackback from はなバルーンblog 2005-09-05 Mon 23:24:38

9/2 ドラえもん「ご先祖さまがんばれ」

「ご先祖さまがんばれ」(脚本/大野木寛、絵コンテ・演出/腰 繁男、作画監督/富永貞義) 久々の、30分1話構成。今回の原作は、4年前の2001年10月に「のび太のご先祖さま」としてリメイクされており、この時も特番の中編だったので、今回はどのようにして、現体制ならでは (more…)

Home > スポンサー広告 > ドラえもん(わさドラ)第20回「ご先祖さまがんばれ」

Home > ドラえもん(TV) > ドラえもん(わさドラ)第20回「ご先祖さまがんばれ」

ドラえもん(わさドラ)第20回「ご先祖さまがんばれ」

今週は「ドラえもん誕生日!!巨大ドラ焼きあげちゃう!スペシャル」と題して、ドラえもんの誕生日を祝う回となった。今週の話は本来次週放送予定だったが、急遽前倒しで放送されたようだ。また、今回はミニシアター・ドラえもん音頭共に放送されず、番組の前後にドラの誕生日と関連したミニアニメが挿入された。ミニアニメは派手な演出はなく素朴にまとめてくれたので一安心。

◆「ご先祖さまがんばれ」

脚本:大野木寛 絵コンテ・演出:腰 繁男 作画監督:富永貞義 
のび作の声:まるたまり
出典:てんとう虫コミックス第1巻


原作は16ページで、連載初期にしては長めの中編作品となっている。のび太の先祖や子孫が出てくる話はいくつも描かれているが、この話はのび太の先祖関連の話の中では最も古いものであろう。また、今回は久々に30分1話構成の回となった。そのまま30分間原作通りに流すと尺が足りなくなるのは目に見えていたので、今回はどのようなアニメオリジナルシーンが挿入されるのか注目して見ていた。

基本的には原作に忠実な内容だった。以下気になった点を簡潔に記したい。

・のび太のご先祖さま
野比家の先祖は狩人ののび作である。狩人ということはごく普通の農民と変わらない細々とした暮らしを続けていたのだろう。近眼だったり、あわてんぼうだったり、怖がりなところなどはご先祖さま譲り。

・スネ夫のご先祖さま
原作でも登場コマ数が多い。スネ夫の先祖は普通の侍だったようだ。馬に乗った父親の姿も見られる。冒頭でスネ夫は先祖代々受け継がれてきたという刀を見せびらかして、自分の先祖は家老だったとえらそうに自慢していたが、話の終盤で取ってもいないのび太のの手柄を差し出して、殿様から家老に任ぜられていた。卑怯なところがスネ夫らしいといえばスネ夫らしいかも。

・ジャイアンのご先祖さま
原作でもアニメでもジャイアンの先祖らしき人が登場。足軽で、腕っ節を自慢するところなどはジャイアンらしい。のび太がポケットから出したガラスのビー玉に心底驚き、鎧や着物全部と交換してくれとのび太にせがみ、結局のび太は鎧や着物と引き換えにビー玉をすべてその男に差し出した。その時ドラが「当時ガラスは『ギヤマン』と呼ばれて大変高価なものだった」という補足説明を加えていた。ギヤマンとはオランダ語の言葉で、ダイヤモンドの意。江戸時代はダイヤモンドを指す語として普通に使われたらしい。ジャイアンの先祖関連では、冒頭にしずかちゃんが「たけしさんのご先祖は豪傑だったんじゃないかしら?」といったのに対して、ラストでジャイアンの先祖が、のび太から譲り受けたビー玉を売ったお金を元手にして商売を始めたというオチにつながっていた。また、ガラスが貴重品だという序盤の説明が、見事ラストと結びついていた。原作では剛田家が代々商人だという記述は出てこないが(そもそも原作では剛田家の家業も乾物屋だったり八百屋だったりと不明確で、家業に関連したエピソード自体が少ない)、アニメでは現在剛田家が雑貨店を営んでいることを考えるとなかなか気の利いた追加部分だったのではないかと思う。

・しずかちゃんのご先祖さま
しずかちゃんの先祖らしき人物も登場。しずかちゃんに関連した人物は原作には出てこないので、これはアニメオリジナルのエピソードである。病気の父を看病する心優しい女性で、貧しい暮らしをしているようだ。暴漢に追われているところをひみつ道具で武装したのび太に助けられる。のび太は彼女から話を聞き、1個だけポケットに入っていたアメ玉を差し出した。彼女はアメ玉をたいそうありがたがっていた。ここでもドラが補足説明:「当時砂糖は貴重品で、実際に薬としても飲まれていた」とのこと。しずかちゃんの先祖は2001年に放送された大山版でも出てきた。私の記憶に残っている限りでは大山版も面白くて、楽しんで見ることができたのだが、大山版のほうが先手だったようだ。大山版についてはおおはた氏の「はなバルーンBlog」を参照して欲しい。今回の追加分も話の流れを邪魔せずに良い追加シーンになっていたと思う。


・「どっちも自分が正しいと思ってるよ。戦争なんてそんなもんだよ。」
ドラの台詞。クールに戦争というものを見つめる。戦争という言葉をこれほど端的に、かつ分かりやすく説明してくれる言葉はそうそうないだろう。

・矢の刺さったドラ
のび作が初めて当てた矢の獲物(?)が、大ダヌキ、もといドラえもん。原作では矢がドラの頭を貫通しており、なかなか強烈な絵になっているが、わさドラではドラの尻に刺さるという少々控えめなシーンに。物足りないといえばそうだが、何とか表現しようとした取り組みは評価することにする。

・テンションが高いドラ
のび太の先祖を殿様にしてやろうなどと平気で歴史改竄を言い出すドラはいかにも初期の雰囲気で面白い。また、矢の飛び交う戦場へ平気で押し出そうとするドラも初期テイストだ。わさびさんの話し方がもう少しトーンが抑え目だったらなお良かったのだが。

・タイムテレビ
タイムテレビがフラットなワイドスクリーンに。この道具は「調整が難しい」としたのも良い追加だったと思う。時折タイムマシンの超空間だ出てきたりと芸が細かい。ここでは先述した各キャラの先祖の後日談を描くことで分散したエピソードをきれいに一つにまとめていた。オチは「やっぱりダメな人」というのは原作通り。私はドラとのび太からもらった道具を上手に使いこなせているだけでも、のび作は進歩したのではないかと思う。

・「そんな急にご先祖が変わる訳ないだろう。」
今日一番のポイント!!
終盤のパパの台詞。この台詞からにじみ出てくるナンセンスな雰囲気から藤子Fテイストが感じられて、大いに笑わせてもらった。

全体を通してみて、説教くさい点を除けばほぼ満足のいく出来だったと思う。「スペシャルだから」という理由付けは特にしないつもりだ。わさドラでは、通常回でも「○○スペシャル」と銘打った回がこれからも出てくると思うので。

来週は「ペコペコバッタ」(1巻)「ジャイ子の恋人=のび太」(22巻)の2本。前者は原作のブラックジョークをどう料理するのか、後者はこの話をジャイ子初登場回に持ってきた方が良かったと思うのだが、とりあえず久しぶりのジャイ子の声に注目したい。

明日か明後日に、「もっと!ドラえもん」Vol.3、「ドラえもん プラス」第3巻、ぴっかぴかコミックス「モッコロくん」のレビュー記事をアップする予定。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 5

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/58-8296e649
Listed below are links to weblogs that reference
ドラえもん(わさドラ)第20回「ご先祖さまがんばれ」 from 青い空はポケットの中に
Trackback from パンポロリン! 2005-09-03 Sat 01:46:49

「ご先祖さまがんばれ」鑑賞メモ

今夜のドラえもんは、テレビ欄などでは『ドラえもん誕生日!!巨大ドラ焼きあげちゃう!スペシャル』と注目を惹かせるサブタイトルが銘打たれていますが、実際のオンエアでは特に表記はなく通常版での放送でした。本編の前に今夜のアニメをテレビの前で見るドラえもんのミ... (more…)

Trackback from LIL's commonplace days 2005-09-03 Sat 09:10:13

わさドラ第20回『ご先祖さまがんばれ』

『ドラえもん誕生日!!巨大ドラ焼きあげちゃう!スペシャル』と何やら仰々しいサブタイトルですが、普段通りの30分番組。このタイトルから視聴者プレゼントがドラや等で販売されていた巨大ドラ焼きかと思いきや、プレゼントは「もっとドラ」の第3号。巨大ドラ焼きは挿入され (more…)

Trackback from masaの共同ブログ 2005-09-03 Sat 23:19:01

わさドラ「ご先祖さまがんばれ」感想

■第39話「ご先祖さまがんばれ」(原作:てんコミ1巻、脚本:大野木寛、絵コンテ・演出:腰 繁男、作画監督:富永貞義)この回の制作話数は、普通に考えれば39話だが、「アニメージュ」では41話という表記になっている。ちなみに、この話は大山ドラでも数年前にリメイ... (more…)

Trackback from TheSkyBeans 2005-09-04 Sun 15:01:12

わさドラ 9.02

早いもので9月になってしまいましたね。「ドラえもん+3巻」「もっと!ドラえもん3巻」も発売され、いつのまにか「ドラえもん川柳」(短歌だったかしら)なるものまで発売していた。さすが誕生月は意気込みが違うなぁ(?)。前置きはこのくらいにして、短めですが今回の (more…)

Trackback from はなバルーンblog 2005-09-05 Mon 23:24:38

9/2 ドラえもん「ご先祖さまがんばれ」

「ご先祖さまがんばれ」(脚本/大野木寛、絵コンテ・演出/腰 繁男、作画監督/富永貞義) 久々の、30分1話構成。今回の原作は、4年前の2001年10月に「のび太のご先祖さま」としてリメイクされており、この時も特番の中編だったので、今回はどのようにして、現体制ならでは (more…)

Home > ドラえもん(TV) > ドラえもん(わさドラ)第20回「ご先祖さまがんばれ」

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。