青い空はポケットの中に - ドラえもん(わさドラ)第19回「ゆめふうりん」「きせかえカメラ」

Home > スポンサー広告 > ドラえもん(わさドラ)第19回「ゆめふうりん」「きせかえカメラ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/57-6ad58cf1
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に
Trackback from LIL's commonplace days 2005-08-27 Sat 01:51:40

『ゆめふうりん』『きせかえカメラ』

『ゆめふうりん』(てんコミ2巻)将来のゆめはガキ大将。思いがけない言葉に嘆くパパだが、「子供のうちになれないから大人になってからなるんだ」というのび太の破綻した持論が面白い。同様と考えられるセリフに「もう少しうまくなってから練習する」というものがあり、この (more…)

Trackback from masaの共同ブログ 2005-08-27 Sat 01:57:09

わさドラ「ゆめふうりん」・「きせかえカメラ」感想

■第37話「ゆめふうりん」 (原作:てんコミ2巻、脚本:早川 正、絵コンテ・演出:安藤敏彦、作画監督:間々田益男)ほぼ原作に忠実な内容。・のび太のパパが希望していた「のび太に将来就いて欲しい職業」に、サッカー選手と野球選手が追加される。また、このときの... (more…)

Trackback from パンポロリン! 2005-08-27 Sat 10:06:51

「ゆめふうりん」と「きせかえカメラ」鑑賞メモ

今夜のわさドラの感想と、藤子系小ネタを2つ。とその前に、今夜のテレ朝は「資生堂が26日夜、テレビ朝日(関東地方のみ)で、男性用整髪料「ウーノ」のテレビCMを54通り一気に放送(←朝日新聞)」とのことで、夜6時から深夜0時にかけて「笑いの金メダル」とか... (more…)

Trackback from ごった煮 ~シンドリャーのブログ~ 2005-08-27 Sat 19:48:08

わさドラトピック&レビュー

レビューの前に、ドラトピックを二つほど。「「ホリエモン」は有効票?」(日刊スポーツ)よく考えたらそうだよなあ~。しずかちゃんvsホリエモンの行方はどうなっちゃうんでしょうか。それに絡む広島6区の選挙報道もなんとなく気になったりする。堀江社長の登場では、「... (more…)

Trackback from はなバルーンblog 2005-08-28 Sun 23:35:13

8/26 ドラえもん「ゆめふうりん」ほか

「ゆめふうりん」(脚本/早川正、絵コンテ・演出/安藤敏彦、作画監督/間々田益男) 思わぬ所で、大人のび太(声つき)が、初登場。原作ではドラえもんの想像が一コマだけで、セリフはなかった部分なので、意表をつかれた。 ただ、毎度のことなのだが、OPで大人のび太の登場 (more…)

Trackback from 戯言人Blog 2005-08-29 Mon 21:47:31

地球規模はやりすぎじゃないか?

 なんでもびんちょうタンが本拠地の宣伝キャラとして使われているらしい。こういう柔軟さがある行政ってのはいいね。この調子であふがにすタンも(略)。  さて本題。最近リニュ版ドラの感想を書いてないのは、端的に言えば放送日当日に見ていないからである。理由は言う. (more…)

Trackback from TheSkyBeans 2005-08-31 Wed 00:17:12

わさドラ 08.26

旅行が終わりましたので、録画しておいたものを視聴しました。説明は省きますが、とにかく無事録画が出来ていて良かったです、本当に。では早速、今回の考察と感想を。「ゆめふうりん」・日の光、風鈴、簾「かげがり」と同様、画面に効果が施してあり、眩しさと暑さを表現で (more…)

Home > スポンサー広告 > ドラえもん(わさドラ)第19回「ゆめふうりん」「きせかえカメラ」

Home > ドラえもん(TV) > ドラえもん(わさドラ)第19回「ゆめふうりん」「きせかえカメラ」

ドラえもん(わさドラ)第19回「ゆめふうりん」「きせかえカメラ」

◆「ゆめふうりん」

脚本:早川正 絵コンテ・演出:安藤敏彦 作画監督:間々田益男
出典:てんとう虫コミックス第2巻

風鈴という日本の風物詩に、「夢」という概念を結びつけた道具。「チリ~ン」と風鈴を鳴らして眠っている人を呼び出すという使い方に風情を感じる。私が眠っている人を何人か呼び出そうとしたら、こういう道具はまず思いつかないだろう。他のひみつ道具のように、強制的に素早く引っ張って来られるような道具を考えるかもしれない。そんなところに、この道具の魅力を感じる。

今日もほぼ原作通りの展開なので、手短に書きたいと思う。

・大人ののび太
声付きで登場。今ののび太はやや女々しい声なので、男っぽさが際立っていたように感じた。威張り散らしてちびっ子たちを指図する様子が描かれることで大人ののび太の痛々しさが引き立っていた。

・ドラえもんはあやとり派
ジャイアンの威圧に屈して皆が相撲を選択する中、空気の読めない(?)人がのび太のほかにもう一人。ドラえもんである。団子みたいな手であやとりができるのかとか、そんな突っ込みはさておき、ドラがのび太の見方(単にのび太と同じく空気が読めなかっただけかも)をしてくれたのはかわいらしかった。

・「あちまれェ」
ここは素直に「来ました!!」とでも言っておこうか。私の好きなシーンの一つで、きちんと再現してくれたのは良かった。ちなみに「ケロロ軍曹」(原作)の中でもパロディで使われている。

・おねしょ蛇口
そういえば、「(秘)スパイ大作戦」ではおねしょが改変されていたのだと今更ながら思い出した。あれは確かにいただけなかったが(視聴当時は妥協したものの)、今回はあっけなく登場。この道具はひみつ道具の中でも際立ってナンセンスかつマヌケな道具なので登場したのは素直に嬉しかった。普通のおねしょはちとマズいが、人為的に起こすおねしょなら大丈夫ということか。

・ゆめふうりんの演出
BGMはいつものように印象に残りにくいものの、ゆめふうりんが鳴るときの演出は、涼しそうでかつ風情が感じられて良かった。

全体としては無難にまとめられていたという印象だった。


◆「きせかえカメラ」

脚本:高橋ナツコ 絵コンテ・演出:安藤敏彦 作画監督:中村英一
出典:てんとう虫コミックス第3巻

大長編・映画ドラでお馴染みの「きせかえカメラ」。今回はその初登場話。

・バケツにつまづくのび太
原作の話だが、単行本103ページ5コマ目と104ページ1コマ目のあいだの「間」は、この話の中でも特に好きシーンの一つ。ページを分断し、バケツにつまづく過程をあえて省略することでのび太のマヌケを際立たせている。わさドラではスローモーションを駆使するなどして詳しく描かれていた。

・サイズ調節機能
原作にはない新たな機能として、きせかえカメラのサイズ調節機能が加わった。服のデザイン画をきちんと体の大きさに合わせないと、サイズに合った服が作れない。確かにこういう機能があった方が理にかなっていると思う。

・ジャイ子の登場
元々ページ数の少ない話でどこかで付け足しをする必要があったが、今回はジャイ子を登場させていた。台詞は少なめだった。前よりは聞きやすくなったが、やはり個性的過ぎる声だったからか。ジャイ子の描くデザインはオーソドックスながら上手な絵だった。漫画家志望のジャイ子にはもってこいのシーンだったと思う。スネ夫のデザイン画は原作そっくりそのままだった。

・マジックファッションショー
元々がページ数の少ない話のため、ここでもいくつかシーンが追加されていた。話の前半に出てきたジャイ子のデザイン画をスネ夫のデザイン画と交換していた。シーンとしては少々間延びした印象を受けた。最後の女の子の「キャー」という悲鳴は文字と地球まで登場させてド派手な演出だった。安藤氏らしい演出でこれはこれで良かったのではないかと思う。最後は服がなくなるという展開もそのままやってくれて良かった。

「マジック」と「ファッションショー」の組み合わせは結構いけるかも。マジシャンとファッションモデルが一緒にファッションショーを開催したら面白いものができそう。でももう既に誰かがやってそうだ。

全体としては、部分部分で間延びしたシーンが多く、テンポがイマイチの気がした。それ以外は良かったところも大きいので、まずまずの出来とする。

来週は、「ご先祖さまがんばれ」(1巻)の1本。30分という大枠でどう料理してくるのか、楽しみだ。初期作品ラッシュはまだまだ続きそう。

それと、今日のケロロ軍曹は非常に面白かった。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 7

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/57-6ad58cf1
Listed below are links to weblogs that reference
ドラえもん(わさドラ)第19回「ゆめふうりん」「きせかえカメラ」 from 青い空はポケットの中に
Trackback from LIL's commonplace days 2005-08-27 Sat 01:51:40

『ゆめふうりん』『きせかえカメラ』

『ゆめふうりん』(てんコミ2巻)将来のゆめはガキ大将。思いがけない言葉に嘆くパパだが、「子供のうちになれないから大人になってからなるんだ」というのび太の破綻した持論が面白い。同様と考えられるセリフに「もう少しうまくなってから練習する」というものがあり、この (more…)

Trackback from masaの共同ブログ 2005-08-27 Sat 01:57:09

わさドラ「ゆめふうりん」・「きせかえカメラ」感想

■第37話「ゆめふうりん」 (原作:てんコミ2巻、脚本:早川 正、絵コンテ・演出:安藤敏彦、作画監督:間々田益男)ほぼ原作に忠実な内容。・のび太のパパが希望していた「のび太に将来就いて欲しい職業」に、サッカー選手と野球選手が追加される。また、このときの... (more…)

Trackback from パンポロリン! 2005-08-27 Sat 10:06:51

「ゆめふうりん」と「きせかえカメラ」鑑賞メモ

今夜のわさドラの感想と、藤子系小ネタを2つ。とその前に、今夜のテレ朝は「資生堂が26日夜、テレビ朝日(関東地方のみ)で、男性用整髪料「ウーノ」のテレビCMを54通り一気に放送(←朝日新聞)」とのことで、夜6時から深夜0時にかけて「笑いの金メダル」とか... (more…)

Trackback from ごった煮 ~シンドリャーのブログ~ 2005-08-27 Sat 19:48:08

わさドラトピック&レビュー

レビューの前に、ドラトピックを二つほど。「「ホリエモン」は有効票?」(日刊スポーツ)よく考えたらそうだよなあ~。しずかちゃんvsホリエモンの行方はどうなっちゃうんでしょうか。それに絡む広島6区の選挙報道もなんとなく気になったりする。堀江社長の登場では、「... (more…)

Trackback from はなバルーンblog 2005-08-28 Sun 23:35:13

8/26 ドラえもん「ゆめふうりん」ほか

「ゆめふうりん」(脚本/早川正、絵コンテ・演出/安藤敏彦、作画監督/間々田益男) 思わぬ所で、大人のび太(声つき)が、初登場。原作ではドラえもんの想像が一コマだけで、セリフはなかった部分なので、意表をつかれた。 ただ、毎度のことなのだが、OPで大人のび太の登場 (more…)

Trackback from 戯言人Blog 2005-08-29 Mon 21:47:31

地球規模はやりすぎじゃないか?

 なんでもびんちょうタンが本拠地の宣伝キャラとして使われているらしい。こういう柔軟さがある行政ってのはいいね。この調子であふがにすタンも(略)。  さて本題。最近リニュ版ドラの感想を書いてないのは、端的に言えば放送日当日に見ていないからである。理由は言う. (more…)

Trackback from TheSkyBeans 2005-08-31 Wed 00:17:12

わさドラ 08.26

旅行が終わりましたので、録画しておいたものを視聴しました。説明は省きますが、とにかく無事録画が出来ていて良かったです、本当に。では早速、今回の考察と感想を。「ゆめふうりん」・日の光、風鈴、簾「かげがり」と同様、画面に効果が施してあり、眩しさと暑さを表現で (more…)

Home > ドラえもん(TV) > ドラえもん(わさドラ)第19回「ゆめふうりん」「きせかえカメラ」

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。