青い空はポケットの中に - 「日経エンタテインメント!」7月号に大山のぶ代と飯島愛の対談記事が掲載

Home > スポンサー広告 > 「日経エンタテインメント!」7月号に大山のぶ代と飯島愛の対談記事が掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/42-25b5082c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に
Trackback from MISTTIMES.com Blog 2005-06-14 Tue 21:51:18

日経エンタテインメント!に大山のぶ代対談記事「わさびちゃんは大丈夫と思うの」

パーマニアの日々で日経エンタテインメント!に大山のぶ代と飯島愛の対談が出ていることを知り、さっそく買ってきた。 交代の経緯、飯島愛の好きな映画、好きな秘密道具の (more…)

Home > スポンサー広告 > 「日経エンタテインメント!」7月号に大山のぶ代と飯島愛の対談記事が掲載

Home > ドラえもん(TV) > 「日経エンタテインメント!」7月号に大山のぶ代と飯島愛の対談記事が掲載

「日経エンタテインメント!」7月号に大山のぶ代と飯島愛の対談記事が掲載

200507hyosi.gif

前日に引き続き、TOJHOさんの「MISTTIMES.com Blog」での記事に触発され、今日の学校帰りに書店に立ち寄り、「日経エンタテインメント!」7月号を購入してきた。タイトルにもあるとおり、大山のぶ代さんと飯島愛さんの対談記事が掲載されているためである。大山のぶ代さんがこうして雑誌等のメディアで語る機会は余りないので、大山さんの思いが聞ける貴重な資料になり得るであろう。

対談記事は本誌の最後の方に3ページほどあるだけで扱い自体は小さい。しかし、飯島愛さんもドラえもんファンとしての一面を見せており、なかなか興味深い。やはり、大山さんが声優交代に関してどのような思いでおられるのかといったことが話題の中心となっている。まさか全文をここに書くわけにはいかないので、気になったところをここで紹介したい。

飯島「昔高いキーで歌っていた歌手が、今歌うと声が低くなっちゃうことってありますよね。それは声優さんにもありますか?」
大山「私たちの場合は逆だったのね。最初のころはもっと声が太かったの。というのは、スタートした時にドラえもんは3頭身で、頭、おなか、あんよだったのね。だんだん頭とおなかとあんよ一緒になって2頭身に小さくなった。気がついたらみんな声が高く、幼く演じるようになっていたの。」



やはり、大山末期のドラえもんは幼稚になったということには声優さんたちが少なからず影響していたということだろうか。ただ、大山さんは以前にも「ますます声が若返っている」旨の発言をされたことがあり、声が高くなっていったというのにはいささかの疑問を感じる。

飯島「次のドラえもんの人にどんなメッセージを贈ったんですが?」
大山「『心を伝えてね』と言ったの。一応私は1ドラ(1番目のドラえもん)で、よく『2ドラに望むことは?』と聞かれるの。そのたびに、ドラえもんの優しい心を伝えてもらいたい、と言っているの。でもきっと次のドラえもん、水田わさびちゃんは大丈夫だと思うの。」



大山さん自身の口から、次の声優に向けてのメッセージが聞ける貴重な文章である。余り多くは語らず、次世代に任せているという印象を受ける。これは藤子アニメに対する藤子・F・不二雄先生の姿勢と相通ずる部分もあるのかもしれない。

「ドラえもんって、こういう声だったんですね。」
この言葉は、大山さんがメディアに出演するたびにしばしば口にしていた言葉である。この言葉は、F先生が大山さんの声を聞いて発した言葉と伝えられている。大山さんはこの言葉を「最大の褒め言葉」と受け取った。

ただ、F先生自身がアニメや声優について語った文章はほとんどない。スタッフや声優陣を信頼して任せていたのだろう。ただ、この言葉は少々独り歩きしすぎたのではないかと感じることもある。私は、この言葉にそれ以上の意味もそれ以下の意味も見出すことはできない。この言葉が理由なのかどうかは分からないが、「大山さんは藤子先生自身が選んだ」とか、「大山さんは藤子先生が認めた人・お墨付きの人」といったことを言うためや、はたまたわさドラを叩くための論拠となっているような印象を受ける。少なくとも、F先生が声優の選考に関与していたという記録は見つかっていない。また、今はご存命でないF先生のことを安易にとやかく言うのは避けたいのだが、もし新しい声優の声を聞いても、F先生は先述の言葉とほぼ同じ意味の言葉を述べられたのではないだろうかと推測する。

この記事では他にも、飯島さんの思い出話とか(「魔界大冒険」と「宇宙小戦争」をMy Favoritesに挙げているのが共感できる)、大山ドラ時代の苦労話とか引退時の思いなどがもう少し詳細に語られている。ファンの皆様におかれましては、立ち読みでも構わないのでぜひ全文をお読みになることをお勧めしたい。



Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/42-25b5082c
Listed below are links to weblogs that reference
「日経エンタテインメント!」7月号に大山のぶ代と飯島愛の対談記事が掲載 from 青い空はポケットの中に
Trackback from MISTTIMES.com Blog 2005-06-14 Tue 21:51:18

日経エンタテインメント!に大山のぶ代対談記事「わさびちゃんは大丈夫と思うの」

パーマニアの日々で日経エンタテインメント!に大山のぶ代と飯島愛の対談が出ていることを知り、さっそく買ってきた。 交代の経緯、飯島愛の好きな映画、好きな秘密道具の (more…)

Home > ドラえもん(TV) > 「日経エンタテインメント!」7月号に大山のぶ代と飯島愛の対談記事が掲載

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。