青い空はポケットの中に - Coldplay / X&Y

Home > スポンサー広告 > Coldplay / X&Y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

いっとけい URL 2005-06-08 Wed 12:40:02

TBありがとうございました。
最近、毎日聴いていますが、
最高ですよね!
来年頭には単独が決定みたいだし、
FUJIも楽しみですね!!

re-hash URL 2005-06-09 Thu 00:58:39

TBありがとうございます!
Coldplay、1stも2ndも大満足だったんですが、3rdもやっぱり最高でしたね。
彼らはもう既に英国の国民的バンドですけど、これからどうなっていくのか更に楽しみですね。
早くフジで新曲達を聴きたいです!

rainyblue URL 2005-06-10 Fri 23:07:46

>いっとけいさん
>re-hashさん
はじめまして。コメントありがとうございます。コールドプレイの新作、良いですね。賛否両論あるようですが、私はかなり気に入りました。FUJI等のロックフェスに行きたいのは山々なのですが、どうやら行けそうにありません。iPodで毎日聴いています。

Hiroshi URL 2005-09-23 Fri 13:45:45

はじめまして。COLDPLAYを検索していましてこちらにたどり着きました。
いつも"FixYou"のPVとUKクラブツアーの映像で感動の渦にいます。
引用しててもいいものはいいと自分は思います。

もしよろしかったらうちのバンドの音源聴いてください。そしてぜひ感想聞かせてください。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/38-d7b4ffa5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に
Trackback from 酔生夢死浪人日記 2005-06-08 Wed 00:02:09

オアシスとコールドプレイの新作を聴いて

 UKを代表するバンドの新作が相次いで発表された。オアシスの「ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース」とコールドプレイの「X&Y」である。 オアシスといえば、粗削りで疾走感のある1st「デフィニットリー・メイビー」(94年)、ロックの神がギャラガー兄弟に宿ったかの (more…)

Trackback from あれこれ何とか好奇心 2005-06-08 Wed 00:51:51

Coldplay(コールドプレイ)の音

(TOWER RECORDSでの試聴のはたまた続き)で、いろいろ試聴も終わって、これで、もうTOWER RECORDSからは出たんだけど、店内でいつも曲がかかっていると、何のアルバムか店内のモニターで分かるようになっていますよね。で、アルバムが変わって曲が耳に入っていった瞬間、な (more…)

Trackback from ナエバでゴーゴゴー! 2005-06-08 Wed 12:55:51

COLDPLAYニューアルバム『X&Y』しっとりですね。

■COLDPLAYニューアルバム『X&Y』で癒された1週間。 □COLDPLAY/X&Y待ちに待ったCOLDPLAYのニューアルバムが発売されてから早1週間。皆さん既にかなり聴き込んでいることと思いますがいかがでしょうか?流れとしては2ndからの流れですが、今作でも壮大なス (more…)

Trackback from リ・マイブラ 2005-06-11 Sat 22:26:34

【X&Y/コールドプレイ】発売1週目で最もよく売れたUKアルバム No.2

X&Y/コールドプレイ【UKアルバム発売1週間でのセールスNo,2】  (Barks) コールドプレイの新作『X&Y』が、オアシスの『Be Here Now』に続く“Fastest Selling Album(最も早く売れたアルバム)”の記録を達成しそう。      Coldplay (more…)

Home > スポンサー広告 > Coldplay / X&Y

Home > Disc Review > Coldplay / X&Y

Coldplay / X&Y

Coldplay / X&Y


今回はボーカルのクリス自ら「色々なところからパクった。」とのたまっていたコールドプレイの待望の3rdアルバム「X&Y」がついに発売した。今作はとにかく計算しつくされた音で隙のない印象だ。どの曲も聴きやすく、まるでベスト盤を聴いているような感じだった。曲目はこちら。メンバー全員が曲目解説をしてくれている。記事は「BARKS」より引用した。

1.「Square One」
クリス・マーティン:俺たち全員、この曲に満足してる。みんながベストを尽くしたよ。
ガイ・ベリーマン:出来てすぐに、オープニング・トラックにすべきだって思った。俺たちにとって革新的なものだってことがわかると思う。

2.「What If」
マーティン:天から降りてきた曲。ソング・ライティングは魚釣りみたいなものだって思ってる。いい道具を揃えることもできるし、自分が何をしているのかも把握してる。でも釣れる魚の大きさをコントロールすることはできない。これは、やってきたものを釣り上げた曲。

3.「White Shadows」
ウィル・チャンピオン:レコーディング初期、ケン・ネルソンと制作してたころから生き残った数少ないトラックの1曲。
ベリーマン:多分、俺が1番好きな曲。いままでの曲とは全く違う。ジョニーのギターには鳥肌が立つ。

4.「Fix You」
ベリーマン:パワフルなエンディング。メッセージが素晴らしい。
マーティン:ピクシーズの「Where Is My Mind」とジミー・クリフの「Many Rivers To Cross」にインスパイアされた。損失や損失に立ち向かうことについて歌った初めての曲。

5.「Talk」
ベリーマン:ほかの人のメロディを使った初めての曲。クラフトワークの「Computer Love」。あのリフを聴いたとき「俺たちが作ったんだったらよかったのに」って思ったんだ。でももう、それは無理だから、盗むことにした!

6.「X&Y」
ジョニー・バックランド:いままでで1番サイケな曲。そして、ものすごくビートルズっぽい。
マーティン:ビートルズを目指した曲。傲慢になりたくないけど、先週ライヴでやったら、すっごくよかった。

7.「Speed Of Sound」
ベリーマン:前作と今作の橋渡しになる曲。1stにピッタリだって思った。
マーティン:まず、ケイト・ブッシュみたいな曲を作ろうとしたんだ。そして、以前は当たり前と思っていたものに対する畏怖の念を歌詞で表したかった。俺たちはみんな、いつだって素晴らしいものに囲まれてる。それを認識しようってこと。

8.「A Message」
バックランド:今作で最後に書かれた曲。1日半でレコーディングした。

9.「Low」
バックランド:ターニングポイントとなった曲。自分たちのやってることに対して再び情熱を持てた。
マーティン:そういう素晴らしい感情を持てたのは。テクノロジーもプロデューサーもマネージャーもなにもない1室でプレイしてたからじゃないかな。この曲がきっかけで、全曲をレコーディングし直すことにしたんだ。ほんとにターニングポイントになったよ。

10.「The Hardest Part」
マーティン:これまでの中で1番ポップ。そして後ろ向きな曲。やり玉に上がるんじゃないかな。

11.「Swallowed In The Sea」
マーティン:「Fairytale Of New York」を書こうとした。もちろん、あのレベルには達してないけど、口笛で吹きたくなるようなメロディができたんじゃないかな。

12.「Twisted Logic」
マーティン:重くて暗くて、怒ってる。メロディはあまりないけど、そんなことどうでもいい。フェア・トレードやある指導者たちについて、俺たちがどう考えてるか明らかにした。だから気に入ってる。

13.「Kingdom Come (Hidden track)」
チャンピオン:クリスがジョニー・キャッシュのために書いた曲。ライヴで録った唯一のトラック。
マーティン:ほかの人のために書いたものだから、隠れたトラックにしたんだ。それにアルバムの終わりに、ピッタリだからね。俺の親父が喜ぶと思うよ。彼はカントリーの大ファンだからさ。

先行シングル「Speed Of Sound」が米国のビルボードのチャートでイギリスのバンドでは実にビートルズ以来となるTop10入り(8位)を記録し、メンバーのプレッシャーも相当大きかったようだ。前作「静寂の世界」ではグラミー賞まで受賞し、名実ともに今アメリカで最も成功したイギリスのバンドになってしまった。雑誌のインタビュー等を読むと、クリスは情緒不安定なのか少々自暴自棄な所を見せており、気の毒に感じた。まだまだ伸びる実力のあるバンドなのだから、どうか解散せずに末永く活動してもらいたい。

私の感想としては、今作を今の時点での最高傑作に挙げたい。1stや2ndも捨てがたいが、とにかく作りこみが素晴らしいので、ある程度コールドプレイの方向付けがなされたようである。今作が初めてという人や、洋楽を聴いてみたいという人にも良い。私のおすすめは2, 4, 5, 7, 8, 10 。特に「Speed Of Sound」はコールドプレイを代表する曲にひとつになるだろう。聴くたびに印象が違うのもまた良い。私は基本的にUKロック(ブリットポップ)が好きだが、最近はオアシスも良いけれど、まだ若いコールドプレイの方に多大な期待を寄せている。

<関連リンク>
BARKS
BARKS - Coldplay
BARKS - コールドプレイ、アルバム『X&Y』収録曲を解説
BARKS - コールドプレイ、「新作はパクリまくり」
BARKS - コールドプレイ、新作に影響を与えたもの

Comments: 4

いっとけい URL 2005-06-08 Wed 12:40:02

TBありがとうございました。
最近、毎日聴いていますが、
最高ですよね!
来年頭には単独が決定みたいだし、
FUJIも楽しみですね!!

re-hash URL 2005-06-09 Thu 00:58:39

TBありがとうございます!
Coldplay、1stも2ndも大満足だったんですが、3rdもやっぱり最高でしたね。
彼らはもう既に英国の国民的バンドですけど、これからどうなっていくのか更に楽しみですね。
早くフジで新曲達を聴きたいです!

rainyblue URL 2005-06-10 Fri 23:07:46

>いっとけいさん
>re-hashさん
はじめまして。コメントありがとうございます。コールドプレイの新作、良いですね。賛否両論あるようですが、私はかなり気に入りました。FUJI等のロックフェスに行きたいのは山々なのですが、どうやら行けそうにありません。iPodで毎日聴いています。

Hiroshi URL 2005-09-23 Fri 13:45:45

はじめまして。COLDPLAYを検索していましてこちらにたどり着きました。
いつも"FixYou"のPVとUKクラブツアーの映像で感動の渦にいます。
引用しててもいいものはいいと自分は思います。

もしよろしかったらうちのバンドの音源聴いてください。そしてぜひ感想聞かせてください。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 4

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/38-d7b4ffa5
Listed below are links to weblogs that reference
Coldplay / X&Y from 青い空はポケットの中に
Trackback from 酔生夢死浪人日記 2005-06-08 Wed 00:02:09

オアシスとコールドプレイの新作を聴いて

 UKを代表するバンドの新作が相次いで発表された。オアシスの「ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース」とコールドプレイの「X&Y」である。 オアシスといえば、粗削りで疾走感のある1st「デフィニットリー・メイビー」(94年)、ロックの神がギャラガー兄弟に宿ったかの (more…)

Trackback from あれこれ何とか好奇心 2005-06-08 Wed 00:51:51

Coldplay(コールドプレイ)の音

(TOWER RECORDSでの試聴のはたまた続き)で、いろいろ試聴も終わって、これで、もうTOWER RECORDSからは出たんだけど、店内でいつも曲がかかっていると、何のアルバムか店内のモニターで分かるようになっていますよね。で、アルバムが変わって曲が耳に入っていった瞬間、な (more…)

Trackback from ナエバでゴーゴゴー! 2005-06-08 Wed 12:55:51

COLDPLAYニューアルバム『X&Y』しっとりですね。

■COLDPLAYニューアルバム『X&Y』で癒された1週間。 □COLDPLAY/X&Y待ちに待ったCOLDPLAYのニューアルバムが発売されてから早1週間。皆さん既にかなり聴き込んでいることと思いますがいかがでしょうか?流れとしては2ndからの流れですが、今作でも壮大なス (more…)

Trackback from リ・マイブラ 2005-06-11 Sat 22:26:34

【X&Y/コールドプレイ】発売1週目で最もよく売れたUKアルバム No.2

X&Y/コールドプレイ【UKアルバム発売1週間でのセールスNo,2】  (Barks) コールドプレイの新作『X&Y』が、オアシスの『Be Here Now』に続く“Fastest Selling Album(最も早く売れたアルバム)”の記録を達成しそう。      Coldplay (more…)

Home > Disc Review > Coldplay / X&Y

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。