青い空はポケットの中に - Facebookの「いいね!」機能と価値判断

Home > スポンサー広告 > Facebookの「いいね!」機能と価値判断

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/244-8f64b1b9
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に
Trackback from 2012-11-21 Wed 21:17:07

-

管理人の承認後に表示されます (more…)

Home > スポンサー広告 > Facebookの「いいね!」機能と価値判断

Home > Web > Facebookの「いいね!」機能と価値判断

Facebookの「いいね!」機能と価値判断

  • Posted by: Rainyblue
  • 2012-03-07 Wed 04:39:45
  • Web
 Facebookには「いいね!」機能がありますが、重い内容のニュースやブログ記事については、このボタンを押すことに躊躇してしまう場面に多く遭遇します。

 たぶん、「いいね!」には「良い」という価値判断が伴うからだろうと思っています。欧米では「Like!」と言うそうなので、どのみち、この判断からは避けられそうにありません。

 ところで、少し前から、Google+を始めています。

 SNSのシステムとしてはTwitterに近く、Facebookやmixiのような近しい人間関係も要求されていない節があります。どちらかといえば、多機能なTwitterと言った趣が強いと感じています。

 Facebookの「いいね!」に該当するGoogle+の機能は「+1」(世界共通)なので、単なる数字に置き換えられている点で気軽に押すことができそうです。

 mixiに至っては、同様の機能は「チェック」なので、とりあえず価値判断は棚に上げることができてしまいます。日本独自のSNSらしい呼称と言えるかもしれません。

 私もTwitterやブログで何かコメントをするときは臆病な性格が災いして、なるべく穏便な言葉を選ぶ傾向があるので、価値判断を伴わない機能の方に居心地の良さを感じることがあります。ですが、価値判断を保留したがるのが日本人に通底した気質であるかどうかは、また議論の余地があるでしょう。

 とはいえ、マイナスイメージに繋がる機能を設置していないことは、どのSNSにも共通しています。Facebookに「わるいね!」ボタンなんてあったら、それこそ興ざめしてしまうかもしれません。

 各国の文化に合わせて機能をチューニングしていくのか、あくまでグローバルスタンダードを貫き通すのか、どちらがSNSとして優れているのかは僕にも分かりません。

 あれ、また価値判断を脇に置いてしまいました。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/244-8f64b1b9
Listed below are links to weblogs that reference
Facebookの「いいね!」機能と価値判断 from 青い空はポケットの中に
Trackback from 2012-11-21 Wed 21:17:07

-

管理人の承認後に表示されます (more…)

Home > Web > Facebookの「いいね!」機能と価値判断

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。