青い空はポケットの中に - Macにチェンジしてみたの巻

Home > スポンサー広告 > Macにチェンジしてみたの巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/218-bbb31117
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に

Home > スポンサー広告 > Macにチェンジしてみたの巻

Home > Essay > Macにチェンジしてみたの巻

Macにチェンジしてみたの巻

  • Posted by: Rainyblue
  • 2009-11-14 Sat 07:01:08
  • Essay
作業効率の99%は本人のやる気に依存するようで、パソコンを買い替えたのにそれが一向に上がりません。ミーハーなので3台使い倒してきた富士通のパソコンからMacにチェンジしてみました。iMacの21.5inchモデルです。部屋の様子もがらりと変わりました。

DSCN0175_convert.jpg
色々と困ることもあるかと思ったのですが、とりあえず今のところは致命的な部分はないようです。操作感もキーボードの感覚はまだ掴めないけど、文字が打てないという訳ではないのでゆっくりと慣れていくつもり。設計思想の違いによる微妙な差異はあっても、アイコンをクリックしてウインドウを開いて操作するという基本的な部分では変わりません。とにかくCPUがCore 2 Duoにメモリが4GBになったので動作はサクサクです。

大学入学と同時に買った前のパソコンは2年半以上使ったけど個人的に限界を感じてしまいました。まだ壊れたわけじゃなのでクリーニング&フォーマットした上で実家で使います。Windows Vistaは嫌いじゃないけど、肝心のパソコンの性能がPentium 4にメモリ1GBというのがまずかったみたい。部屋に居るときはまずパソコンの前にいるので、文学部生っぽく言えばパソコンは「拡張された身体」みたいな感覚で、これが快適じゃないと困るわけです。

それで前のパソコン、使い始めた当初は良かったけどしばらく経つと、遅い、遅すぎるううう……と叫びたくなるくらい重くなってしまいました。

DVDレコーダーが高くて買えないのでテレビの録画はパソコンに付属の地デジチューナーを利用しています。ただこれがメモリを食う代物で、しばらくするとまともに録画できなくなりました。金曜日はサークルに行くので『ドラえもん』は毎回録画予約を設定しているのですが、ここ数ヶ月は失敗続きでほとんど見逃してしまったのです。『ドラえもん』が見られない生活は私には耐えられません。もちろん、Mac用の地デジチューナーも同時購入してしまいました。

アップル社の製品を賛美する気はさらさらありませんが、この会社、モノに対する演出が上手いなと。外箱や梱包はとにかくきれいだし、まるでプレゼントの箱を開けるような演出。バレンタインチョコを開けたときの感覚みたいな(もらったことねーけど)? 初めてスイッチを入れればウェルカム・ムービーが流れ、さくさくと初期設定が進む。ああ、こうやって物好きなユーザーを獲得していったんだなって感じ。

ネットの接続設定が一瞬で済んだのにはびっくり。一番四苦八苦する箇所だと思ってたので意外でした。データの移行もスムーズで、FirefoxとThunderbirdのデータはMacに丸ごと移行できます。iTunesの12,000曲あまりの曲データとプレイリストや再生回数も完全移植OK。まあこれはアップルのソフトだからできなきゃ困るか。移動する可能性のあるデータはすべて外付けHDDで管理していたのでその辺は問題ありません。

ワープロソフトは当面NeoOffice(フリーソフト)で問題なさそう。レポート程度の文書なら複雑なレイアウトは必要ないしね。

いいところはとにかくフォントが美しいこと。Windowsで明朝体を見るとげんなりしていたけど、パソコンが変わるとこうも変わるものなんですね。ここはMacに軍配を上げざるを得ないようです。

でも一部のMacユーザーみたいに排他的な偏愛感情を持つ気はありません。Macにチェンジしたのも単なるミーハーな動機。どうせWindowsも入れるので(Windowsが公式でサポートされてるのもMacにチェンジする敷居を下げた要因)。愛着はそれなりに持つけどパソコンはただの道具。快適に使えればそれでいいんです。

iPodを流行らせた戦略が功を奏したのでしょう。あれがなけりゃMacに興味を持つことはなかっただろうし。ただiPhoneには全く興味が沸かないなあ。日本の特殊な携帯電話事情にローカライズされていない携帯電話を持つ気はないし、docomoからスイッチもしたくないので。

一番困ったのはSAIがMacに対応してないのをすっかり忘れてたこと。あれ使いやすくて気に入ってるんだけどWindows専用なんだよね。まあ、どのみち近いうちにWindows 7も導入するので問題ないです。DSP版なら1万5千円以内で買えるので。お絵描きなら当面はPhotoshop Elementsで何とかなります。というか前のパソコンはSAIを使ってるとレイヤー10枚程度で永遠の砂時計になってしまうのでお絵描き環境の改善は急務だったのです。

面白いソフトといえばMacには標準でGarageBandという音楽製作ソフトが付属しています。録音機能も備えているので、ギターを録音するケーブルは既に持ってるし何か録ってみようかな。思いっきりヘタクソだけど。とりあえずループ音源をいじってるだけでも楽しいねこれ。あらかじめプリセットされたループ音源を組み合わせるだけで、楽器が弾けなくてもいちおう作曲らしきことができるようになっているらしい。

シューゲイザーってノイズ出してりゃいいから簡単じゃね?って思ってた時期が私にもありました。でもそうはいきません。なんにしろギターは難しい。弾けたところで今度はノイズの出し方に向き合わなきゃならないから。お金さえあればギターを習いたい。楽器って絶対誰かに習った方が上達すると思うんです。小学4年生の時だったかな、音楽の時間にクラスの女子を味方に付けてピアノ習ってる子に鍵盤ハーモニカを指導してもらって、音楽発表会でキーボードのポジションをゲットしたことがあります。あの時の上達の早さは半端なかったなあ。

ギターといえば今日のスタジオの帰りにギターケースがとうとう壊れてしまいました。もう2年以上使ってたんだけどスライダー部分が弱くて、1年後に片方のスライダーが割れてしまい、この日とうとう片方が割れてしまいました。ギターケースは必需品なので買い直さなければなりません。大出費をした直後にまた出費とは痛過ぎ。

ギターは下手な癖にバンドもスタジオも楽しいんだけど、今月はサークルの単独展に専念しなければ……。リスト製作の仕事請け負っちゃったし、自分の絵も描かなきゃなんないし。自分の絵を改めて見るといつも恥ずかしくなるので過去作品は出しません。あえて少女趣味な絵を描いたりしてるのには理由なんてないけど。どうにか5枚くらい描きたい。今度は音楽趣味な絵を描いてみようか。でも何描こうか思いつかない。ミュージシャンの肖像画じゃ野暮だしなあ。

早稲田祭でライブをしたかったけど、去年のような合同音楽祭企画が存在しなくて断念せざるを得なかったのは苦い思い出になりそう。またみんなを呼びたかったな……。ライブハウスに呼ぶとしても、わざわざ遠くまで来てもらった上にお金まで払わせる訳だからそう気安くできないしね。

来年、最後のチャンスあるかな。結局今年の早稲田祭は戸山キャンパスにしか足を運ばなかったんです。毎年両親と弟と祖母を案内してあげてたんだけど、今年はとうとう来なくなりました。弟が受験なので人混みで新型インフルエンザでもうつされちゃ大変だもんね。ああ、ギター弾いて少し元気が出たと思ったら最後と聞いて切なくなっちまったじゃねーか!

去年の展覧会で、サークルの交換ノートにもう俺に残された時間はない云々という2ページにも渡るウザい長文書いたらみんなに「病んでる」とか言われたっけな。もう誰も覚えてないと思うけど。まあ今年は病んでる余裕もないしもう病みたくない。まあ実際昨年後半のメンタルはヤバかったかもしれん。

TSUTAYAの半額クーポンを利用して邦楽をいっぱい借りてみました。フリッパーズ・ギター、ナンバーガール、the pillows、ピチカート・ファイブ、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、フルカワミキ、中村一義、東京事変。どれも素晴らしい、というか邦楽も侮れないね。洋楽至上主義では全くないけど邦楽はあまり開拓してこなかったのでもっと色々聴いてみよう。

ピロウズはUK志向が強くていい感じ。フリッパーズはベスト盤よりフルアルバムの方が圧倒的に良いと気づきました。ミッシェルかっこよすぎ。東京事変はセンスの良いプロの仕業。ナンバーガールも個性的でかっこいい。フルカワミキの1stは初期スーパーカーっぽい1曲目と12曲目がツボ。中村一義は才能の塊の上に何だか共感できる。ピチカート・ファイブは昔NHKの「みんなのうた」で流れてて好きだった「メッセージ・ソング」を聴いたらすごく懐かしくなりました。

▼ピチカート・ファイブ - メッセージ・ソング


今日オープンするH&Mの新宿店に行ってみようかと思ったら昨日夜の時点で既に行列ができていると聞いて行く気が失せてしまいました。Jimmy Chooコラボが気になってたけど皆考えることは同じか。日本上陸した直後に原宿店に行った時はメンズの品揃えにがっかりしたけど、少しは良くなってるんだろうか。ユニクロの「+J」も結局何も買わなかったしなあ。あれ独立して専門路面点を構えるそうですよ。せっかくのジル・サンダーだし利用しない手はないけど値段上がっちゃうかもね。今季の冬アウターはまだ何も買ってないけど、何かひとつくらいは欲しいな。

A4用紙3枚のレポート程度で四苦八苦するのにくだらない独り言はいくらでも書けるのは何故?

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/218-bbb31117
Listed below are links to weblogs that reference
Macにチェンジしてみたの巻 from 青い空はポケットの中に

Home > Essay > Macにチェンジしてみたの巻

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。