青い空はポケットの中に - お散歩日和

Home > スポンサー広告 > お散歩日和

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/202-baeb85c8
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に

Home > スポンサー広告 > お散歩日和

Home > Diary > お散歩日和

お散歩日和

  • Posted by: Rainyblue
  • 2009-06-29 Mon 07:27:10
  • Diary
歩くのは好きですか?

短期アルバイトも金曜日で終わり。早く終われと思っていたけど、終わってみれば何となく空虚感が漂います。最後の日、スタッフの方はちょっと涙ぐんでました。そして来月からまた新しいバイトを始めます。土曜日には試験を受けてきて無事に合格しました。時給はだいぶ下がるけど、会場が新宿で通いやすいし慣れた採点のバイトなら別段困ることもなさそうなので。

この2ヶ月間授業とサークル以外はほぼバイトに充てていたから、わずかな空き時間を利用して散歩するのがここ最近の密かな楽しみになっていました。だけど季節が私の味方をしてくれたかといえばそうでもなく……。

冬>秋>春>夏の順で好きな私にとって、夏は最も苦手とする季節です。おまけに今は梅雨時。暑い中散歩をするのならまだしも、雨はいただけません。私はハンドルネームに"Rain"が入っているくらいなので基本的に雨は好きなのですが、それは実家の瓦屋根に響く雨音が心地良いからです。木造の瓦葺住宅じゃないとこの「音」は体験できないと思います。なんでもこの音は母親の胎内にいるときの音に似ているんだとか。なるほどね。

さて、日差しが強い日は表参道から青山通りを経由して渋谷まで歩いてみました。行く手にはオシャレな店が立ち並んでいます。やっぱノーブルな雰囲気がそこはかとなく漂っていて、何だか場違いな気持ちさえ生じてきます。でもひとつ路地を入ってみれば、年季の入ったラーメン屋やクリーニング店が目に飛び込んできたりして、下町の風情すら感じさせてくれたり。戦後ファッションの街として急速に発展してきたことで、これら本来の風景がポツンと取り残されてしまったのでしょうか。

国際連合大学の向かいには青山学院大学のキャンパスがあり、青学生になったつもりで忍び込んできました。真っ直ぐ伸びる並木道を歩いていると、いかにもキャンパスって感じがします。3・4年生しかいないので思ったよりも落ち着いた雰囲気です。でも2012年から全学年が青山キャンパスに回帰するんだそうです。その頃には倍率が跳ね上がることでしょうね。そういえば青学に来たのは受験以来だから約3年半ぶりか。だがしかし、青学さんは私を落としたんだよな~。

nakameguro.jpg

次の週は渋谷から代官山を素通りして中目黒へ。この街はとってもいい雰囲気です。東急東横線のガード下から続く目黒川沿いの並木道をのんびりと歩くのがおすすめ。目黒川の桜並木は桜の名所として有名ですが、何もかも覆い隠してしまうくらい主張する満開の桜と違って、川や建物と静かに調和している初夏の緑もまた穏やかな美しさがあります。

中目黒はまだ古さを感じさせる街で、ファッション関連の店も多いのですが、ちょっと錆びた雰囲気があるのが個人的には気に入っています。古ぼけた日本家屋を改装した古着屋はポストや表札がそのままになっていて一見民家との区別がつかないし、某ファッション雑誌でプッシュされている旬なブランドの直営店も、築何十年だかの木造民家を改造した地味な店構えで、路地裏のちょっと分かりにくい場所にありました。そうした隠れ家のような店が目黒川沿いには数多く佇んでいます。

今年のセールは金曜日から始まっているところが多いので昨日は原宿に行ってみたのですが、改札口が入場制限されているくらい凄まじい混雑でした。人気店は夕方の時点でも行列が見られたし、さすがに落ち着いてきただろうと思われた話題のH&MとFOREVER21は再び長い行列を作っていました。FOREVER21はオープンして間もないころに行ってみたことがあるのですが、メンズはH&Mを更に下回るクオリティでいかにもアメリカの大衆衣料品店という感じ。よれよれの素材感に一目で分かる雑な縫製、それにダボダボのシルエットでは試着する気すら起きません。

ファストファッションの流行はとどまるところを知りませんが、日本のマーケットに適合したユニクロと無印良品には到底敵いそうもない気がします。クオリティの面から見ても、海外資本ならアメリカンアパレルでも買うか、セール時にZARAかGAPでも狙った方がいいと思います。どれも日本上陸から時間が経っているので日本人に合う物が見つけやすいという面があるからです。さっきの二者もあるいは時間を経ることで、日本向けにこなれていくことも考えられるとは思いますが。

ところで、25日にマイケル・ジャクソンが亡くなりました。私は代表作くらいしか聴いたことがないけれど、彼が世界の音楽シーンに与えた影響が絶大であったことは間違いありません。近年ではスキャンダラスな面が強調され色眼鏡で見る人も多かったのでしょうが、死の直前までリハーサルに励んでいたという努力家の一面、そして全盛期のパフォーマンスを見れば、彼が世界最大のスーパースターであったことは疑いようがないと思います。

金曜日のバイト帰りに新宿のディスクユニオンに立ち寄ったら、彼の代表作「スリラー」が大音量で流されていました。原宿に立ち寄ったときは、映画グッズを扱うショップの店先のモニターに映し出された彼のパフォーマンス映像の前に人だかりができていました。そしてそのどれもが、ある種の寂しさを湛えて私の眼に映り、そして耳に響いてきたのです。エルヴィス・プレスリーやジョン・レノンが亡くなったときのように、ひとつの時代が終わりを告げているのを無意識に感じ取っていたからかもしれません。

来月にロンドンで行われるラスト・コンサートを直前に控えた突然の死というのが象徴的ですが、芸能一家に生まれ、幼少時からジャクソン5のリード・ヴォーカルとして天才の名をほしいままにし、生まれてから死ぬまでスターとして生きることを余儀なくされた彼の人生がある意味気の毒に思えてきます。

もうすぐ7月。夏至も過ぎ、梅雨も本格化しています。2009年も残すところあと半分。何気ないお散歩が、私の大きなステップとなりますように。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/202-baeb85c8
Listed below are links to weblogs that reference
お散歩日和 from 青い空はポケットの中に

Home > Diary > お散歩日和

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。