青い空はポケットの中に - Intolerance

Home > スポンサー広告 > Intolerance

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/201-64134483
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に

Home > スポンサー広告 > Intolerance

Home > Nonsense > Intolerance

Intolerance

  • Posted by: Rainyblue
  • 2009-06-25 Thu 01:02:18
  • Nonsense
今は昔…じゃなくって、今も今、或るコミュニティがありましたとさ。

そのコミュニティを辞めた友人は言いました。
「あいつら、外面は仲良さそうでも裏ではいがみ合ってる」と。

彼の言っていることがようやく分かりかけてきた気がします。そして俺は今、そのコミュニティにいます。

昨日も今日も、誰かが他の誰かを攻撃していることでしょう。そして面と向かえば、仲良さそうな振りをするのです。そういう事実を知った今、俺はどう彼/彼女らと接すればいいのか、ふと戸惑うことがあるかもしれません。

人間は多様な生き物。多文化主義が拡大し、あらゆる自由が保障されているこの社会では、各人の価値観もまた十人十色です。100%同じ価値観などあり得るはずがありません。そしてそうした人々がコミュニティを形成したとき、時には対立も起こることと思います。

そういう時に必要なのが、「寛容=tolerance」の精神です。「映画の父」と呼ばれるサイレント映画の巨匠D・W・グリフィスは、超大作『イントレランス』(1916年)で、いつの時代もイントレランス(不寛容)が世を覆っていたことを描き、人間の心の狭さを糾弾しました。

陰口を言う前に、寛容の心を持とうよ。言いたいことがあったら誠心誠意面と向かって話そうよ。そういう心を持たない奴がどんなにそのコミュニティに不満をもってたとしても、そのコミュニティは一向に良くならないぜ。むしろ、鏡の前の貴方自身が不満の元凶かもしれないよ。自分の胸に手を当ててよく考えてみよう。

俺は好きな女の子に告白する度胸は(残念ながら)ないけど、人の陰口は言わないし、もし言いたいことがあったら極力優しく面と向かって話すことができるくらいのコミュニケーション・スキルは持ち合わせているつもりです。そして、あるコミュニティで各人がどんなことをしていても、他者に直接的な迷惑をかけない限り、寛容の心を持つことにしています。

「コミュニケーション力」を謳いながら実は画一化されたテンプレート通りのコミュニケーションしか求めないこのファッキン社会。やれ「甘え」だ「自己責任」だと、(偏狭な)「厳しさ」を標榜することがさも素晴らしいかのように持て囃されるこのしみったれた風潮。みんなどこかがおかしい。きっとイントレランスになっているんじゃないだろうか。

そのコミュニティが、エッジの利いたダイナミックなコミュニティへと歩んでいくためには?

それは、陰口を言い合うことでも、偏狭で上っ面だけの統制を敷くことでもありません。寛容の心で人と接し、面と向かってコミュニケーションをとること。そして、みんなが寛容の心を持つようになれば、自然と心のわだかまりもほぐれていくんじゃないかとおもっています。

まずは、トレランスの精神で。

きっとこのブログを見ていないであろう誰かに向けて。

そして俺自身に向けて。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/201-64134483
Listed below are links to weblogs that reference
Intolerance from 青い空はポケットの中に

Home > Nonsense > Intolerance

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。