青い空はポケットの中に - インドア&アウトドア

Home > スポンサー広告 > インドア&アウトドア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/175-7be75217
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に

Home > スポンサー広告 > インドア&アウトドア

Home > Essay > インドア&アウトドア

インドア&アウトドア

  • Posted by: Rainyblue
  • 2009-02-10 Tue 23:15:55
  • Essay
インドア派、アウトドア派、それぞれ好みがありますよね。私は根っからのインドア派だと思ってたのですが、アウトドア派の傾向もあるらしい。

……という話をバンドの練習帰りに立ち寄ったラーメン屋でしたわけです。そこで、自分が本当にアウトドア派なのか考えてみることにします。

私のストレス発散法は、主に買い物をすること。品物を眺めるだけでも楽しいけど、貯めたお金で何かを買うのはある種イベントみたいな感覚で楽しいからなのでしょう。多趣味かつ浪費家気質なので買う物の傾向は様々です。「宵越しの銭は持たねぇ」的な江戸っ子気質ではないし、むしろ用心深い方なので当然貯金もします(基本的にいつもお金がないので)が、バイト代で得た可処分所得は大抵何かに消えてしまいます。原宿や代官山の路面店で思い切ってデザイナーズ系ブランドの服に手を出してみたこともあれば、アニメイトで漫画やDVDを買い込んだこともあるし、ディスクユニオンやHMVでCD・DVDを漁ることも日常茶飯事のようにあります。最近はライブチケット代に消えました。

ライブに関しては、チケット代をスタッフの仕事で補填すると思えば多少は仕事にも張り合いが出てきます。土曜日はお台場にあるZepp Tokyoの下見がてら、そこのスタッフの仕事に就いてきました。2heartsとかいう男性声優2人組のユニットだったらしいですが、音楽的には全くもって退屈。ところで、入場口でチラシを配布しているときに基礎演習クラスの女子を見かけた(というか、自分がチラシを渡した)気がするんだけど気のせいかな。とりあえず、Zepp Tokyoのレイアウトは完全に把握しました。思ったより狭く感じたので、これならフランツを間近で見ることができそう。

音楽を聴くこと、漫画を読むこと、アニメや映画を見ることも当然好きですが、それらはストレス発散というよりも習慣に近いような気がします。バンドで楽器を演奏することは、楽器の腕が未熟なもんでストレスが発散されるというよりはフラストレーションが溜まることすらあるのでちょっと違うかも。歌うのは好きなので、上手く歌えたときに限ってはカラオケもそうかな(特にスピッツの曲が上手く歌えると嬉しい)。酒とタバコはポピュラーなストレス発散法ですが、タバコは一切吸わないし、プライベートでは酒を嗜みません。

絵画会員なので絵を描くことも当然好きですが、これは幼少時から染みついているので職人が物を作るときの感覚に似ているのではないかと思っています。私はいったん絵を描き始めると我を忘れて集中してしまうので結構疲れるのですが、作品が完成したときの達成感・充実感もひとしお。ってことは一応ストレス解消には役立っているのかも。

繁華街を一人でうろつくのが好きで、学校帰りや休みの日は大抵どこかに足を伸ばします。よく行くのは、私の部屋から自転車で15分以内にある吉祥寺、高田馬場からそれぞれ電車で5分以内の新宿・池袋、それから渋谷・原宿・代官山など。それとたまに中野・荻窪・立川とか。自転車を飛ばして善福寺公園まで足を伸ばしたこともあります。

歩くことは苦ではないので、最近では1駅くらいは歩いて移動することにしています。東京にいると駅の数が多すぎて距離感覚が鈍ってしまうのですが、地元だったら「ご近所さん」の範疇に2駅も3駅もあったりします。私が高校時代利用していた八高線というローカル線は、私が乗る駅から降りる駅までに途中駅が2駅あるのですが、これが東京だったら10駅はあるという感じです。

先々週は渋谷から原宿まで歩きました。明治通りを真っ直ぐ北上すればものの10分くらいで到着してしまいます。歩いてみると意外と近いんだなって思いますよ。それに普段歩かない道を歩くと新たな発見があります。渋谷の繁華街を抜けて山手線ガード下に差し掛かるとスケボー軍団がひたすらズッコケているのが見えてきたり、脇道に小さな公園を発見したり。それから先はファッションブランドの路面店が立ち並ぶ通りに出て、少し歩けばもう原宿です。

さらに先週は、吉祥寺で髪を切ったついでに京王井の頭線で渋谷まで足を伸ばし、そこから代官山まで歩いてみることにしました。明治通りをひたすら歩けばいい渋谷から原宿までの道のりと違って、渋谷から代官山までは入り組んだ路地が多くて分かりにくいので難易度高めです。東急東横線沿いを歩いてもいいのですが、東横線は渋谷を出ると大きく西にカーブするため、かえって遠回りになってしまうのです。なので山手線を沿いを歩いて、恵比寿に差し掛かる前に交差点で西へ曲がるというルートを選択しました。

ところが、ここでちょっとしたミスを犯してしまいます。携帯アプリのGoogle Mapを見ながら歩いていたのですが、山手線の西側を歩くべきところを間違えて東側を歩いてしまい(北向きの地図を見ながら南に向かっているので左右を取り違えたのが原因)、ちょっと遠いなと思っているうちに気づいたら恵比寿駅まで歩いてしまっていたのです。仕方がないので地図を見てルートを再確認してから、駒沢通りを真っ直ぐ西に歩いて中目黒駅の手前で北上するとやっと代官山に着くことができました。ちなみに、代官山駅から中目黒駅までは300m程度の距離しかありません。日暮里駅と西日暮里駅、または鷺ノ宮駅と都立家政駅の間くらいですかね。歩いている途中、人気の少ない路地でファッション雑誌か何かの撮影をやっているのが見えました。何かが巨大な傘みたいな黒い布の下でポーズを取っていて、一瞬マネキンかと思ったのはやたらと足の長い女性モデル。でかいサングラス(よく見かけるけど個人的には苦手)を掛けていて寒そうなホットパンツによく見えなかったけど何やら白いアウター。おそらくギャル系の雑誌でしょうね。

買い物好きとしては当然通販も利用しますが、いざ買う段階になるとやっぱり自分の目で見てからっていう気持ちがあります。特に服はそう。ファッションの通販サイトは下見や最新入荷情報をチェックするのにはとても便利ですが、やっぱり服は試着してから買わないとね。モニターと実物とではイメージが全然違うなんてことがよくあります。パソコンとか家電製品とかは価格.comで入念に下調べをしたり、本などは当然Amazonもよく利用します。でも買うまでには至らないことがほとんど。衝動買いは基本的にしません。

というわけで、私はアウトドア気質のインドア派、といったところでしょうか。

今週は暇なので映画でも見に行ってこようかな。早稲田松竹のショーン・ペン特集が気になっていて、新文芸坐では来週庵野秀明のオールナイトもあります。新作だと、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』が面白そう。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/175-7be75217
Listed below are links to weblogs that reference
インドア&アウトドア from 青い空はポケットの中に

Home > Essay > インドア&アウトドア

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。