青い空はポケットの中に - 2009年期待の新作アルバム&ライブ

Home > スポンサー広告 > 2009年期待の新作アルバム&ライブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

しゃん URL 2009-02-03 Tue 22:07:08

Ripchord新作出てたんですね!!
僕はロキノンのおまけCDで初めて聴きましたよ。

やっぱ、いちばんの注目はThe Viewですかね?

あと、注目の新人と言えばWhite Liesです。
すでにUK輸入盤がタワレコにありましたが、UKの新しいアンセムになり得るバンドだと思います。
たしか今月末に日本版もリリースだったと思います。

今年はグリーンデイ、マイブラ、U2あたりに期待しています。マイブラは果たして新作を出すのか・・?

Rainyblue URL 2009-02-04 Wed 18:00:59

Ripchord、出せば人気出ると思うのになぜCD化しないのかな……。もう3ヶ月くらい経ってるし。

White Lies聴きました。なるほど、久々にどっしりしたUKバンドを聴いた気がします。やはり2010年代はブリットポップ・リバイバルが来ますね。OasisとThe Verveを併せ持った感じ、とでもいいましょうか。

The Viewは確かに期待ですね。もう輸入盤が出ているそうですが、私は国内盤派なのでもう少し待ちます。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/172-505f620c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に

Home > スポンサー広告 > 2009年期待の新作アルバム&ライブ

Home > Disc Review > 2009年期待の新作アルバム&ライブ

2009年期待の新作アルバム&ライブ

フランツ・フェルディナンドの来日公演のチケットを遂に確保。送料・手数料含めて定価+α程度掛かってしまいましたが、Zeppクラスのハコでフランツが見られるのだから背に腹は代えられません。ついでにコールドプレイの来日公演のチケットも確保しました。こちらは定価の7割弱程度の値段でゲットしたのでちょっとお得。

2月は4回ライブに行きます。

・2月10日(火):Franz Fedinand@Zepp Tokyo
・2月12日(木):Coldplay@さいたまスーパーアリーナ
・2月18日(水):Eric Clapton@日本武道館
・2月27日(金):Travis@東京国際フォーラム


フランツは整理番号A500番台だからやや後ろの方かな。コールドプレイはアリーナALブロック600番台(多分アリーナAブロックの後ろの方)、エリック・クラプトンはスタンド席で、トラヴィスは2階席。席が後方のライブが多いのでまったり見てくることにします。

ライブチケット代による損失補填のため、残りの日程はできるだけバイトで埋めることにします。バイトはコンサートスタッフなのでコンサート三昧の2月になりそう。といっても、不安定なバイト先なので希望の現場に就ける確率は5割程度ですが……。つまり、皮算用の半分程度しか実際には稼げないことになります。

今日は2009年3月までにリリースされる期待の新作アルバムの紹介をしようと思います。

リリース日はすべて国内盤準拠です。

◆Tonight - Franz Ferdinand(リリース日:2009/1/21)
まずはフランツ・フェルディナンドから。1月21日にリリースされた3rdアルバム『Tonight』は購入済み。聴いてみたところ、あからさまにキャッチーでポップだった前作に比べてかなりダークでミニマルな路線にシフトしている模様。メンバー曰く、夜から朝にかけて続くダンスフロアの熱気と退廃を表現したというのが伝わってくる。ギターリフも抑えめで派手な転調も少なく、ベースにフォーカスが当てられており、タイトルに偽りなくまさに夜の雰囲気漂うアルバム。相変わらず1曲目は外してこないけどキャッチーな曲が少ない分、賛否両論のアルバムになるだろうなあ。10日のライブが楽しみ!

▼先行シングル:"Ulysses"



◆Occult Radiance - Fleeting Joys(リリース日:2009/1/22)
ジョン&ロリカ夫妻によるアメリカの宅録シューゲイザー・ユニット。その音はマイブラの正統な後継者とも形容される。その2ndアルバムがこれ。前作はインディーズにもかかわらず日本国内だけで1000枚以上もの売り上げを記録した。現在1stは入手困難(iTunes Storeで音源は入手可能)。私はディスクユニオンで既に購入して聴いてみたところ、メランコリックな1stに比べてかなりサイケデリックな音作りになっている。脱・マイブラの方向性を模索したのかな。ともあれ、インディーズ色が拭いきれなかった1stよりもノイズの密度が増しており、相当聴きごたえがあるアルバムに仕上がっている。

▼MySpace


◆Hush - Asobi Seksu(リリース日:2009/2/11)
ヴォーカルは日本人女性のYUKI、あとはアメリカ人という異色のシューゲイザー・ユニット。ニューヨークで結成され、メンバーは自らのサウンドを「ドリーム・ポップ・ワールド」と表現しているように、ふわふわしたドリーミーなノイズ・サウンドが持ち味。歌詞は日本語と英語が入り乱れ、英語で歌う曲もあれば日本語で歌う曲もあり、二言語が錯綜している曲もあるという点も独特。基本的に日本語で歌われる曲は舌足らずで、このバンドが英語を母語とするリスナーをターゲットとしていることは明白。その証拠に、バンド名はふざけてるし(あえて意味は書かない)、1stアルバムの"Umi de no Jisatsu"っていう曲では「海で自殺をしよう~」と半ば確信犯的に歌っている。2月にリリースされる3rdアルバムは、先行シングルを聴く限りでは2nd以降、かなり癖がなくなってきて聴きやすくなっている印象を受けた。ロキノンでも紹介されたし、よりメジャーなバンドへと脱皮しようとしていることが伺える。最近のシューゲイザー系では一押し。素敵なバンドなのでぜひ聴いてみて!

▼先行シングル:"Me & Mary"



◆Which Bitch? - The View(リリース日:2009/2/11)
アークティック・モンキーズなんかと同じ世代のUKロックバンドで、2007年にリリースされた1stに続いて今作で2枚目。なんか私の周りでは大したことないバンド扱いされていて、自分も実際そう思ってた節があるけど、先行シングルは凄くかっこよくなっていてびっくりした。オアシスのからの影響を公言しているだけあって、初期オアシス色が強くなっている。これは期待できるかも。相変わらずやんちゃで青臭ささ全開なのもいい。

▼先行シングル:"5 Rebecca's"(YouTubeのは消されてた…)



◆Give Me Fire - Mando Diao(リリース日:2009/3/4)
スウェーデンのガレージ・ロックバンド。この手のロックバンドでは一番好きだから本当に楽しみ。先行シングルを聴くと、ストリングスを多用してみたりルーツに傾倒してみたりと迷いの感じられた4thから完全に吹っ切れたようだ。先行シングルは曲調もそうだけど、曲名からしてなんかフランツっぽい。再生回数も180万回を突破しているし、再ブレイクの兆しもある。リリースペースが早くてもう5枚目を出そうという気概も素晴らしい。2番目の映像はMTVで放送されたトレーラーなんだけど、これを見ると駄作の雰囲気が微塵も感じられない。これは傑作1stの再来か!? 昨年4月の来日公演も良かったし、今年も来日してくれたら絶対行く!

▼先行シングル:"Dance With Somebody"


▼MANDO DIAO-ALL EYES ON MTV 2009



◆Beginners Luck - Ripchord(リリース日:2008/11/21)
実は最近のUK新人勢では一押しのバンド。2007年にEPを出したまま全くアルバムがリリースされる気配がなかったのに、いつの間にかiTunes Store UK限定で2008年11月にアルバムをリリースしていたことをつい最近知った。試聴してみたけどポップでかなり良いかも。初期ビートルズっぽくもある。ポップ色の強いバンドだから好き嫌いが分かれるかもしれないけど、ザ・ビュー、クークスあたりが好きな人は気に入ると思う。デビューシングルからチェックし続けてきたバンドなのでぜひフィジカルリリースしてほしい。YouTubeとMySpaceのリンクも張っておきます。

▼"Lock Up Your Daughters"


▼MySpace


何かお勧めのバンドやアルバムがあったら教えてください。

Comments: 2

しゃん URL 2009-02-03 Tue 22:07:08

Ripchord新作出てたんですね!!
僕はロキノンのおまけCDで初めて聴きましたよ。

やっぱ、いちばんの注目はThe Viewですかね?

あと、注目の新人と言えばWhite Liesです。
すでにUK輸入盤がタワレコにありましたが、UKの新しいアンセムになり得るバンドだと思います。
たしか今月末に日本版もリリースだったと思います。

今年はグリーンデイ、マイブラ、U2あたりに期待しています。マイブラは果たして新作を出すのか・・?

Rainyblue URL 2009-02-04 Wed 18:00:59

Ripchord、出せば人気出ると思うのになぜCD化しないのかな……。もう3ヶ月くらい経ってるし。

White Lies聴きました。なるほど、久々にどっしりしたUKバンドを聴いた気がします。やはり2010年代はブリットポップ・リバイバルが来ますね。OasisとThe Verveを併せ持った感じ、とでもいいましょうか。

The Viewは確かに期待ですね。もう輸入盤が出ているそうですが、私は国内盤派なのでもう少し待ちます。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/172-505f620c
Listed below are links to weblogs that reference
2009年期待の新作アルバム&ライブ from 青い空はポケットの中に

Home > Disc Review > 2009年期待の新作アルバム&ライブ

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。