青い空はポケットの中に - All The Young Dudes, Carry The News.

Home > スポンサー広告 > All The Young Dudes, Carry The News.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/164-30a3a619
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に

Home > スポンサー広告 > All The Young Dudes, Carry The News.

Home > Essay > All The Young Dudes, Carry The News.

All The Young Dudes, Carry The News.

  • Posted by: Rainyblue
  • 2008-12-17 Wed 19:21:26
  • Essay
最近寒いっすね。私としては夏よりも冬の方が好きなので、早く雪でも降ってくれって感じなんですけどね。私の地元は「カカア天下と空っ風」で有名な群馬県、群馬の空っ風は凄まじいですよ。中高生の時は向かい風に煽られながらひたすら自転車を漕いで学校に通っていたのを思い返しました。それに比べれば、東京の寒さは風が吹かない分それほど厳しいとは感じません。

「空っ風」とは季節風の一種です。日本海側から下りてきた寒波が越後山脈を越えて新潟県から群馬県北部にかけて大雪を降らせ、カラカラに乾燥した風が赤城山を下って群馬県中南部に吹き荒れます。この空っ風は「赤城おろし」なる異名もあるのですが、風が吹くと風速に比例して体感温度が下がるので、実際の気温以上に寒く感じるのです。久々に帰省すると、予想以上に寒さが身に堪えることがあります。

「カカア天下」とは亭主関白の反対語で、群馬県出身の女性は夫を尻に敷くタイプが多いってことです。群馬の男女の気質を表す言葉として、「男は気立てが良くてギャンブル好き、女は気が強く働き者」というのがあります。群馬県は少し前まで公営ギャンブルである競輪、競馬、競艇、オートがすべて揃っている唯一の都道府県でした。それからパチンコメーカーの本社もいっぱいあるんですよね。どんだけギャンブル好きなんだよ群馬県人。私は賭け事を嗜みませんが、確かに周囲は何かしらのギャンブルをやっている男性が多かったような気がします。でも私にも浪費家癖があって、ちょっと気をつけなきゃいけないな…… みたいな。それで酒飲みで気性が激しいと思いきや、家ではおとなしい人が多いと聞きます。そして、私の両親は共働きだし、うちの祖母は威勢が良くて一人称が「俺」だし(群馬の高齢者は男女問わず一人称に「俺」を使う人が多い)、女性に関しても確かにその通りなんですね。ああそういえば、大学で出会った群馬県出身の女子ってそんな感じの人が多いなってふと思いました。

意図せず地元トークでジャブをかましてしまいましたが、そろそろ本題に入ります。

金曜日の会議ではもっと積極的に発言しようと思ったのに、ボーっとして言葉が出てこないっ……! ああいう場でさらっと意見が言える人はそれだけで尊敬に値します。それで、家に帰って冷静になってみれば「ああ言っとけば良かった」みたいな思いに駆られてしまいます。I君は私に二度も発言を振ってくれたのに、ボケをかましてトンチンカンな事を言ってしまったかもしれないと思うと何だか恥ずかしい……。今度はマトモに意見が言えるように頑張ります。

土曜日は、基礎演習の男連中と飲みました。友人宅でチゲ鍋を作ってみんなでつついたんだけど、これがおいしいのなんのって。友達と鍋を囲むと、普段の何倍以上にもおいしく感じられるのは何故だろう。久しぶりに会ったからもっといろいろ話してぶっちゃけたかったんだけど、それでも少し元気になりました。やっぱ荒れてばかりじゃいけないね。基礎演習77組でまたクラコンをやろうという話になりました。女子といかに連絡を取るかということが目下の課題みたいです。それから2時間ほどカラオケ。基礎演習の友達と何度もカラオケに行っていると、もはやこれを聴かなきゃ始まんないっていう定番曲みたいなのが出来てきて、私だとオアシスの"Rock 'n' Roll Star"と"Whatever"がそれに当たるみたいです。"Whatever"は実際歌いやすくて私の十八番状態になりつつあります。その日は珍しく JOYSOUNDだったんだけど、"Whatever"のライブバージョンってのが入っていて、歌ってみるとライブ映像が出てきて驚いたのなんのって! こんなに熱かったカラオケは初めてかも。オアシスだと"She's Electric"が唯一入っている機種だったりとJOYSOUNDには一目置いていたんだけど、なかなか侮れませんね。出てきたライブ映像はJools Hollandというイギリスの音楽番組で1994年に放送されたものです。リアムの目が変なのはクスリをキメてラリってるからです。YouTubeにもありますのでどうぞ。

Oasis Whatever live@Jools Holland Show


日曜日は、裏庭の企画で「山手線一周ハイク」を挙行する予定だったんだけど、寒さに加えて雨も降っていて、結局2人しか来なかったため中止にしてもらいました。私も喉の調子があまり良くなかったし。すぐ帰るのも何なのでK君の提案で「蒙古タンメン中本」新宿店で辛さにうち震えながら温まってきました。私は一番辛さ控え目な「味噌タンメン」を注文したんだけど、寒さのためかあまり辛さを感じませんでした。もうひとつ辛さが上のメニューにしとけば良かったかも。てか、久々に中本に行ったらもう一度行きたくなってしまいました。今度また行ってみよ。

月曜日は6限まで授業があって、その授業では同じサークルのIさんが一緒なのですが、H君も一緒だということがわかりました。6限後はH君に誘われて「武道家」で夕食。人気店なのに今回初めて行きました。50円でライス食べ放題なので注文したら、ラーメンのスープの濃さが相俟って1.5杯しか食べられませんでした。最近ずっと食欲がないのは知っていたけど、それでも50円の理由がわかったような……。つまり、ライスをラーメンのスープに入れてしまうとかさが増えて意外と食べられないんですね。

で、ここ1週間くらい調子がいいなって自分でも思ってたんですが(少なくともドラミちゃんの記事が書けるくらいには)……。火曜日になると、またボーっとして人の話を聞いていなかったり、やたらとネガティブになって気分が沈んでしまったり。その時は頭の中がもやもやしてきてそれが入道雲のように増幅していくのが本当によくわかるんですが、そうなると意識が半分飛んでしまって自分でもわけがわからなくなってしまいます。気分の浮き沈みってやつですか? ありゃまあって感じですね。少し前に日記で書いた通り、具体的内容をうだうだと書き連ねることはもうしませんが、まあその理由は何となくわかります。私はある特定の話題が出るとトラウマが発動してしまうみたいです。それに悩みが多すぎるのも問題だよなあ。レディオヘッドのトム・ヨークは初期の雑誌インタビューで趣味に「悩むこと」と書いたのはファンの間では有名で、私もトムに憧れて趣味に「悩むこと」と書いたことがあるんだけど、私はトム・ヨークではなく、私自身でしかありません。まあ、趣味が「悩むこと」っていうのは今となってはもはや洒落にもならない状況ですけどね。要は、いかにして自己を表現し、いかにして自己を受け入れてもらうか。それが問題です。

ブラーが再結成というニュースに喜び勇んでいたら、モータースポーツではホンダのF1撤退に続いてスズキとスバルがWRC撤退というニュースが飛び込んできました。大丈夫か自動車業界!? スバルのラリーが見られなくなるのはとても残念ですが、今現在の世界大恐慌とでも言うべき不況を鑑みれば致し方のないことなのだろうと思います。諸行無常ってやつでしょうか。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/164-30a3a619
Listed below are links to weblogs that reference
All The Young Dudes, Carry The News. from 青い空はポケットの中に

Home > Essay > All The Young Dudes, Carry The News.

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。