青い空はポケットの中に - Why Does It Always Rain On Me?

Home > スポンサー広告 > Why Does It Always Rain On Me?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/154-708d9cbd
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に

Home > スポンサー広告 > Why Does It Always Rain On Me?

Home > Diary > Why Does It Always Rain On Me?

Why Does It Always Rain On Me?

  • Posted by: Rainyblue
  • 2008-12-06 Sat 00:37:37
  • Diary
最初に言い訳じみたことを書きます。

過去の日記のヤバそうな部分について大規模な削除・修正を敢行しました。こんなことが続いてたら本当に病んでしまいそうで。それに、誰かを不快にさせたり、迷惑をかけるような日記をなるべく書きたくないと思ったからでもあります。今のところ日記自体は削除していません。私は過去の記録をアーカイヴとして残しておきたいってのもありますが。

昨日は絵画会単独展の打ち上げでした。今回は酒しか飲みませんでしたが、何ともありませんでした。てか、アルコールにどんどん抵抗がなくなっていくのっていいのか悪いのか(笑)。やっぱ血は争えないか……どうやら私はそこそこいけるクチのようです。でもビールや日本酒よりも甘いカクテルが好みですね。カルーアミルクとかためらいなく注文しちゃいます。

酒の効用(?)なのか、人に話しかけることに抵抗がなくなって、いろいろな人と話せました。1年女子と結構話せたかな。絵画会の展覧会受付の仕事をしているときに、ラウンジノートなる交換日記に2ページほど文章を書きなぐったのですが、結構な人に読まれていてびっくりしました。ひとりごとのつもりで書いたけど、まあ考えてみれば交換日記ですからね。面白い反応がもらえたり、「病んでる」って言われたり(笑)。

展覧会のアンケートや評価ノートを読んでいて、私の絵に対するレスポンスがひとつもないことに実は結構ヘコんでいたのですが、ある先輩からは最初は皆そうだから気にする必要はないってこと、ある同級生からはこれからたくさん出せばその人の絵のテイストがわかってきてたくさんコメントがもらえるようになると言われました。その上で、何人かの方から「ジブリっぽい」、「かわいい」、「爽やか」などお褒めの言葉をいただいて嬉しくなりました。

あの後は5人でさかえ通りのいつものバーで2次会、そして朝までカラオケ。いつもより上手く歌えました。酒を飲むと喉が広がるって本当なのかしら。歌ったのは、オアシス、レディオヘッド、ニルヴァーナ、スピッツ、スーパーカーあたり。"Smells Like Teen Spirit"は、思いっきり歌うと本当に爽快。夜明けが近づくと皆ダウン気味。でもなぜか私は大丈夫。結構飲んだはずなのに、頭や胃が痛くなったり足元がふらつくってことは一切ありませんでした。

昨日の飲み会で多少吹っ切れた部分があって、うだうだ悩んでいたり感傷的になっていた自分がバカバカしくなったのです。もちろん完全に吹っ切れたわけじゃないけど、やはり人と話すのは大事だってことがわかりました。そういう話にも言及してみたら、案外皆同じ気持ちだったり、笑っちゃうほど大したことではなかったり。これからは少しずつ、前を向いて歩けるようになると思います。

ちょっと自己分析っぽいことを書くと、ここ2~3か月の自分がなぜ荒れてたかっていえば、「他者からの自己承認の欠乏によるアイデンティティの揺らぎとそれに伴うフラストレーションの鬱積」ということができると思います。

そんなときにある友人の日記を読んで、「人間が最も辛いのは他者から承認されないこと」という一文を読んでこれだと思ったわけです。デカルトは「我思う、故に我あり」と述べたといいます。確かに考える自己の存在そのものは否定できませんが、その自己が社会的に存在しているかどうかとはまた別の話です。人間は社会的動物であり、私たちが社会的に存在するためには他者からの承認が必要不可欠です。学校、サークル、会社というマクロな単位から、家族、そして恋人というミクロな単位まで。

だから、人間が他者から承認されないと、その人は「社会的に存在しない」ことになります。「平和」の反対は?「愛」の反対は?それは「無関心」だとある偉人は言いました(マザー・テレサだったっけ?)。「無人境ドリンク」を飲んだのび太が窮地に立たされたように、人間は一人では生きていけません。人間は他者から承認されることによって自己のアイデンティティを形成してゆくのです。エヴァがなぜあそこまで社会現象的人気を獲得し、アカデミズムの分野にまで今もなお参照され続けているのかといえば、そうした問題に深く言及していたからではないでしょうか(エヴァはあんま詳しくないですが)。

「飲み会で泣いた」だの、「女の子とうまく話せない」だの、「サークルで孤立しがち」だの、「自分の絵の評価がもらえない」だの、「一人対集団で聞きたくもない話を聞いちゃった」だの、過去にうだうだ書いたことはおよそこの程度で要約できてしまうことばかりですが、どれもこれも他者からの承認が欠乏していたことに起因する事象ばかりです。そして自分の足元がぐらつくような気分、すなわちアイデンティティの危機が発生し、やたらと気分が浮き沈みしたりちょっとしたことで感傷的になる、つまりフラストレ―ションが鬱積していったのだと考えられます。

ちなみに、ある女の子に聞いてみたら、女子同士の話って女性であるその子自身でも怖くなることがそうですよ。しかもそういう場では皆意地っ張りになってしまうんだとか。だから気にする必要はないって言われました。そりゃ、そんな場にたまたま一人居合わせた私はいたたまれなくなるわ(笑)。

そして、鬱積したフラストレーションのはけ口としてそれを文章化すること、すなわち自己の内面告白は、相手にフォローを強制することを暗に内包しているため実際は非常に傲慢な行為であり、自虐という名のカタルシスに浸っているだけにすぎないと思うようになりました。だから、こういうことはなるべく書かない方がいいんでしょうね。

まあ所詮はこんなもんなんです。だからなるべく気楽に生きていこうと思います。でも自分の中でけじめをつけるというか、動くべきところではきちんと動きたいと思っています。

とりあえず今回はこの辺にしておきます。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/154-708d9cbd
Listed below are links to weblogs that reference
Why Does It Always Rain On Me? from 青い空はポケットの中に

Home > Diary > Why Does It Always Rain On Me?

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。