青い空はポケットの中に - 俺は俺自身でなければならない

Home > スポンサー広告 > 俺は俺自身でなければならない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/145-69efe946
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に

Home > スポンサー広告 > 俺は俺自身でなければならない

Home > Essay > 俺は俺自身でなければならない

俺は俺自身でなければならない

  • Posted by: Rainyblue
  • 2008-10-27 Mon 23:53:26
  • Essay
タイトルは、オアシスの"Supersonic"の歌い出しを和訳したものです。
"I need to be myself
I can't be no one else"
というフレーズが好きで、この曲をライブで歌うつもりです。初めてライブでギターボーカルに挑戦します(冷や汗をかかないようにしなきゃ)。後の歌詞はただ韻を踏んでいるだけでよく意味が分からないのですが、オアシスの、しかもデビュー曲がこの歌い出しで始まるということに彼らのメッセージ性を感じます。ちなみに、ファーストアルバムの1曲目である"Rock 'n' Roll Star"では、"Tonight I'm a rock 'n' roll star"(「今夜俺はロックンロールスターだ」)と高らかに宣言していて、聴き始めた頃は私もずいぶんと憧れたものです。

このフレーズを合同音楽祭のバンド紹介文として実行委員に提出したはずなのに、未だに早稲田祭2008公式サイトの"Chaos And Creation"の欄だけ更新されていません。他のバンドは皆思い思いの紹介文を綴っているというのに……。ただ、自分たちのバンドだけ紹介文が空欄ってのもそれはそれで面白いかもしれませんが(笑)。

最近梯子を外されるような日々が続いていて、飲み会で一言も口をきかなくても、半ベソかきながら帰っても、もうちょっとやそっとじゃ動じなくなりました。慣れたのかと言われれば決してそうではないし、こんな惨めったらしい思いは二度としたくないのだけど、他者の自分に対する印象を思い返してみれば、なるべくしてそうなったのかもと思ったり。曰く「(心配そうに)いつも孤立してるよね」「何か影がある感じがする」とか、そんな文言ばかり浮かんできて、「じゃあ俺って一体何者なんだ?」と自問自答したくなります。

そんな私も、木曜日に「裏庭の混沌と創造」(私たちが運営しているインカレサークルです)の後期新歓コンパで幹事を務めることになり、吉祥寺で無事に開催されました。吉祥寺にした理由は、私たちのサークルはインカレなのでわざわざ高田馬場で行う必然性がないことと、個人的に、(私のアパートから近い)吉祥寺が好きな街だからというのもあります。

今回は津田塾大2名、早稲田大・東京外国語大・横浜市立大1名ずつの計5名の新人さんが参加してくれました。対して参加した現役は男5人で、こんな弱小サークルによくこんなに集まってくれたなと感涙の思いです。全員女性ということもあり、極めて乏しい脳内異性データベースをサーチしつつ先週はひとり吉祥寺をフラフラしながら、女性に喜ばれるような店を探してまいりました。

私が幹事の場合、普通の居酒屋はまずあり得ません。「居酒屋」はもはや私のトラウマタームに近い感じです。そこで思いきって気取ったイタリアンにしようと、比較的値段が安いと評判の、キャパの広いイタリアンレストランに昼食がてら入ってみることに。ランチ1250円はまあ妥当として、トマトソースの味がちょっと物足りなくて、量も少ないし、悪くはないんだけど今一つの印象。それに、店員の威勢が良すぎ!「ご注文入りました!」→(店員全員が手を止めて)「イエス!」って何ですかそれ……。こういうの苦手なんだよなぁ。というわけで却下。

生粋の麺食文化圏の群馬県民である私は、麺類には少々シビアなのです。群馬全体としてはうどんが広く好まれますが、私が通っていた高校のある高崎市はパスタの街として(一応)アピールしており、実際にパスタ屋があちらこちらに点在していて、私もついつい馴染みのパスタ屋の味と量を基準に考えてしまいます。ちなみに群馬基準では、パスタは150グラムが「標準」で、「大盛り」となると250グラムにも達します。それで値段は600円台とリーズナブル。対して東京だと100グラムか下手するとそれ以下が標準で、大盛りもせいぜい150グラムが相場。それで値段も1000円前後しますよね。地価も物価も高い東京だから仕方ないといえ、上京してからというもの、なかなか安くておいしいパスタ屋にめぐり会えた例がありません。そうそう、10月25日は「パスタの日」だそうですよ。

第一候補が却下されたので、さてどうしたものかと次善策を考えます。とりあえずハンジローだのGAPだのパルコだので時間をつぶしていると、時刻はいつの間にか夕方に。そこで、店内からビートルズが流れているのに惹かれて("You Know My Name (Look Up The Number)"の次に"And Your Bird Can Sing"という奇妙な選曲なのも面白くて)、たまたま目についた店に入ってみることにしました。店内はアメリカンな感じでハロウィンの装飾が一際目をひきます。夜はドリンク&フードがすべて399円というリーズナブルな店で、学生が多い印象を受けました。その場の勢いでその店を予約。ちなみにシルバーエレファントなるライブハウスの隣にある、コーキーズハウスという店です。

新歓コンパ当日は、普段が普段だけにかなりテンションを上げて臨みました。結果としては思ったよりも会話のキャッチボールがテンポ良く進み、私もいつになく喋りまくりました。新人さんたちも楽しんでくれたと思います……多分。2次会はいつものように喫茶店でおしゃべり(今回はサンマルクだったけど、吉祥寺のスタバって閉店するの早いのね)。参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。次はどこか自然の豊かな所に出かけましょう。

というわけで、(実際かなりテンパってたと思うのですが)後期新歓コンパは無事に終了しました。久々にアップテンポな自分が垣間見えたかもしれません。でも、翌日別のサークルに顔を出してみれば、適度に作業のお手伝いなどもするんですが、やっぱり隅の方で孤立しがちな自分がいたり……。そういう場から逃げたっていいのに、なぜか顔を出してしまうのは、私は人一倍人恋しくて誰よりも寂しがりやだからなのでしょう。でも、逃げるのは別段悪いこととは思いません。肌の合わない集団からは素直に逃げた方がいいと強く思います。

「俺は俺自身でなければならない。他の誰かにはなれやしないのだから。」

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/145-69efe946
Listed below are links to weblogs that reference
俺は俺自身でなければならない from 青い空はポケットの中に

Home > Essay > 俺は俺自身でなければならない

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。