青い空はポケットの中に - 雨夜のアールグレイティー

Home > スポンサー広告 > 雨夜のアールグレイティー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/140-ad32a415
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に

Home > スポンサー広告 > 雨夜のアールグレイティー

Home > Essay > 雨夜のアールグレイティー

雨夜のアールグレイティー

  • Posted by: Rainyblue
  • 2008-09-30 Tue 23:57:41
  • Essay
久々の更新です。

アールグレイティーってのを淹れて飲んでみたんですよ。

元来緑茶党な自分がなんでそんな小洒落た名前の紅茶を飲んでいるのかといえば、ディズニーシーで買ってきたからです。ディズニーシーへは一昨日行ってきました。誰とって? もちろん家族とですよ。母親の会社のツアーを利用して行ってきたわけですね。

ディズニーシーは日曜日の割にはそんなに混んでいませんでした。ファストパスを効率的に利用しつつ主要なアトラクションはほぼ制覇。そして今回は、レイジングスピリッツ、センター・オブ・ジ・アース、タワー・オブ・テラーの三大絶叫系アトラクションにも挑戦してみました。こういうのはあんまり得意じゃないんですけどね。

で、乗ってみた感想は前者2つのアトラクションは全然OK。それほど怖くありません。レイジングスピリッツは、360°の回転があるジェットコースター、センター・オブ・ジ・アースはスプラッシュ・マウンテンのような下に落っこちるタイプのアトラクションです。しかし、タワー・オブ・テラーはもう二度と乗る気がおきません。あれ怖すぎ…。要はフリーフォール型のアトラクションなんですが、足元をすくわれる感覚がこれでもかっていうくらい続くんですよ。落っこちる途中にフェイントがあったりするし。こちとら「もう勘弁してくれ」ってな具合に音を上げているというのに。そりゃもう降りた時には涙目になっていましたとさ。

思うに、心地よいスリルを感じるためには、足元をすくわれる感覚ってのは3秒くらいが限度ではないかと。それ以上だと、心地よいスリルが恐怖心に変わってしまうとような気がします。だから、私にとってタワー・オブ・テラーはまさしく恐怖心を与えるアトラクションだったわけです。

話は戻ってアールグレイティーの話。茶葉の入った缶の蓋を開けてみるとフルーティーな香りが漂ってきます。思ったよりも強い香りです。ディズニーシーで買ってきた紅茶は4缶入りのセットで、他にペア(洋梨)ティー、アップルパイティー、煎茶があります。煎茶を除いてどれがどう違うのかよう分からんのですが、ともかく私のアパートには日本茶用の急須があって、それを使って淹れて飲んでみました。ディズニーシーで他に買ってきたお菓子をつまみながらガムシロップをひとつだけ入れた紅茶を飲むと、「午後のティータイム」と呼ぶのにはいささか遅すぎますが、何となくそれっぽい気分には浸れます。たまには紅茶もいいもんです。

以前「おいしいカレーの作り方」なんて日記を書きましたが、「おいしい紅茶の淹れ方」はとんと分かりません。Googleで検索もしてみたんですが、まず用語からして今ひとつピンと来ないのです。ティーポットと急須ってどう違うんだろう。いろいろ作法もあるみたいです。地元ではよくパスタ屋さんに行くんですが、そこで食後に出される紅茶は、ティーサーバーって言うんでしょうか、ガラス製で中心部に金属製の茶こしが付いていてそれを押し込むと茶葉が下に落ちる仕組みの容器に入っています。紅茶も色々と奥が深そうですね。紅茶なんてティーパックで淹れるものだとしばらく思っていたくらいですから、もう少しいろいろと調べてみようかな。

さてさて、2008年は結構アルバムラッシュで、Oasis、Queen+Paul Rodgers、Razorlight、The Verve、Keane、Weezer、Travis、Coldplay、The Vines などがニューアルバムをリリースしたか、もしくはリリースを控えています。新人ではAdele、Duffy、The Draytones、Cajun Dance Party、Parka、Friendly Firesあたりが気になりますが、最近の新人はニュー・レイブ以降どうも80'sリバイバルっぽいダンス系の音ばかりで今一つ食指が動きません。ガレージロック・リバイバルの頃は結構いい新人がそれこそ雨後の筍のように出てきたんだけどな。だから最近ではAdele、DuffyのようなUK出身の女性シンガー・ソングライターをよくチェックしています。UKの女性シンガーは、いかにもUSのメイン・ストリーム的な音を出していないところが面白いですね。Duffyは50's~60'sのモータウン・サウンドみたいだし、Adeleも歌声やら歌い方やらが貫録ありまくりでとても19歳とは思えません。

Coldplay、Travis、The Vinesの新作はもう既に聴きました。このうち、ColdplayとThe Vinesは個人的には今までで一番好きかもしれません。Coldplayはとにかくアルバムの流れが美しいし、The Vinesは最もキャッチーなアルバムで音は更にUKっぽくなり、曲はますますNirvanaをパンク化させたような雰囲気になりました。Travisは曲の良さという点では前作に譲りますが、アンプとプロデューサーを変えたことで、今まで以上にギターがジャカジャカ鳴っていて心地いいアルバムです。

そして、明日は待ちに待ったOasisのニューアルバムの発売日です。前日までにはCD屋の店頭に並ぶのですが、今日はサークルが忙しくて買いに行けなかったので、明日早速買ってきて聴いてみたいと思います。アルバムレビューは別記事にて書く予定。

新学期が始まりました。堕落しないようにと1限の授業を取ったのですが、楽で面白そうな授業ばかり取っているせいか、1年のとき必修だったフランス語の鬼教授の授業のような緊張感が懐かしくすら思えてきます。

とはいっても、大学祭の準備(合同音楽祭でバンドが演奏する曲決めとか、アカデミックスに出すレポートの執筆とか)で、そんな悠長なことを言っている暇もなさそうです。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/140-ad32a415
Listed below are links to weblogs that reference
雨夜のアールグレイティー from 青い空はポケットの中に

Home > Essay > 雨夜のアールグレイティー

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。