青い空はポケットの中に - 近況備忘録

Home > スポンサー広告 > 近況備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/136-44a6711b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 青い空はポケットの中に

Home > スポンサー広告 > 近況備忘録

Home > Diary > 近況備忘録

近況備忘録

  • Posted by: Rainyblue
  • 2008-08-23 Sat 12:49:33
  • Diary
日記を書くのを放り出していたら1週間以上が過ぎてしまった・・・。
というわけで(?)、簡単に近況報告でもしておきます。

8月10日~17日まで、群馬に帰省していました。今は東京に戻り、相変わらず学芸員資格夏季集中講座を受講する毎日です。

【7月19日(土)】

朝は新宿ミラノで『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0』を見る。詳細は7月23日の日記参照。

午後は上野の東京藝術大学大学美術館で「バウハウス・デッサウ展」を鑑賞。結構な人出だった。現代の工業デザインや建築の先駆となり、美術界にまで多大な影響を与えたバウハウスの作品が一挙に見ることができる。中はかなり広いので見終わるのに2時間程度かかってしまうと思う。かなり見ごたえのある展覧会だった。

【7月20日(日)】

舞台『死の舞踏』を鑑賞。演劇集団円主催、会場は浅草にあるステージ円。原作はストリンドベリで、主演は橋爪功。演劇映像演習のレポートを出すために見に行ったのだが、緻密な舞台装置と、迫真の演技で予想外に感動してしまった。舞台なんてほとんど見たことがなかったので、演劇がこれほど迫力があるものだとは思わなくて、非常に新鮮な体験だった。ステージ円が小劇場程度の広さだったのも臨場感をさらに高めていて良かった。

【7月23日(水)】
押井守監督が早稲田にやってきた。詳細は7月23日の日記参照。

【7月28日(月)】
今日から学芸員資格夏季集中講座が始まる。今日は2・3・4限に博物館概論の授業。7限に現代映画論のテストがあり、やっとテストが終わる。ピンポイントで出題されるも、何とか解答を仕上げる。単位は多分大丈夫だろう。

【7月29日(火)】
1~6限まで授業・・・。さすがに6連チャンはキツい。

【7月30日(水)】
1~5限まで授業。

【7月31日(木)】
1~5限まで授業。
ぼちぼちテストも始まる。持ち込み可の科目が多いのが救いか。

【8月01日(金)】
授業は休み。

午後はスタジオでバンドの練習。
相変わらず"Married With Children"が上手く弾けない。これが弾けないと、ほとんど同じコード進行の"She's Electric"(私がOasisで一番好きな曲)はテンポが速いのでもっと弾けない。ギターは少しずつ上達していると思うけれど、まだまだだね。

夜は絵画会の前期打ち上げが23時まで。多くは語るまい。

【8月02日(土)】
映画『スカイ・クロラ』観賞。詳細は8月5日の日記参照。後で加筆予定。今8200字まで書けたのでとりあえず10000字は超すつもり。

漫画家の赤塚不二雄先生が亡くなったというニュースを聞く。作品はほとんど読んだことがないけれど、天才バカボンのアニメにはずいぶんと笑わせられました。謹んでお悔やみ申し上げます。

【8月04日(月)】

1~5限まで授業。

【8月05日(火)】
1~5限まで授業。すさまじい雨。戸山キャンパスのスロープを下ったところが川になっていた。MMTのS君に会う。彼も同じ講座を受講していて、3限を抜け出して前期定例ライブに出るそう。大雨の中お疲れ様です。裏庭のバンドが忙しくてしばらく行っていないけれど、皆どうしているんだろう。

シンガーソングライターの河井英里さんが死去したいうニュースを聞く。まだお若いのに非常に残念。私は『ARIA』のアニメ版で聴けるカンツォーネの印象が強いけれど、ずいぶん色々なアニメに曲を提供したり歌ったりしていた人なのだと改めて思った。謹んでお悔やみ申し上げます。

【8月06日(水)】
1~5限まで授業。

【8月07日(木)】

1・2限が授業。
午後は渋谷Bunkamuraにて「青春のロシア・アヴァンギャルド展」を鑑賞。シャガールやマレーヴィチをはじめとする、ロシア構成主義やシュプレマティスム(絶対主義)といった抽象的で独特な作品がずらりと展示されていた。マレーヴィチの農婦像は独特すぎて自分にはロボットに見えた(モアイ像にも見える)。シャガールの絵がファンタジックなことに驚く。その後は吉祥寺まで移動して合宿に必要な物を揃える。

【8月08日(金)】
絵画会夏合宿が那須高原にて行われる。私は2日目から参加した。朝は5時半起きで東京から栃木の黒磯までの3時間以上の長旅に出る。そこからまたバスでロッジへと向かう。バスで丁度他のメンバーと落ち合い、温泉へ。那須高原は避暑地だから少しは涼しいのかと思いきや東京と変わらない暑さだった。今まで話したことのない1年生が話しかけてくれたのがちょっと嬉しかった。後は、川遊びとかバーベキューとか飲み会とか。

【8月09日(土)】
合宿3日目。よほど疲れたのか、川ではひんやりした空気も手伝って終始皆ダウナー状態だった。夕方にバスで帰路に着く。この日は池袋の新文芸坐でジャン=リュック・ゴダール作品のオールナイトがあって、久々に名画座Walkerに参加しようと思ったけれど、合宿帰りの疲れた体にオールナイトはさすがに堪えるので断念。ラインアップは初期のポップな作品ばかりだっただけにちょっと残念。8月30日の押井守オールナイトには絶対参加するぞ~。

【8月10日(日)】
返却期限がこの日だったので、TSUTAYAの半額セール中に借りた『アメリ』(2001年・フランス)を鑑賞。説明的なナレーションとか、カラフルな映像とか、楽屋オチ的な演出とか、やっぱりフランス映画だなと思わせる内容。アメリのキャラクターに共感できるかどうかで、この映画の好みが分かれそう。私は嫌いではないけれど好きでもないといった印象。ただカラフルな映像はやっぱり好き。夕方に湘南新宿ラインで群馬の実家に帰宅。

【8月11日(月)】
父親は仕事、母親ははお出かけだったので家で、持参した『頭文字D』の33~37巻を読んで過ごす。プロジェクトD編あたりからだんだん飽きてきて、32巻頃から読まなくなってしまったけれど、今一気に読んでみるとまだ結構面白い。クライマックスが近いからか。この漫画をを読むと無性に車が運転したくなる。

【8月12日(火)】
高崎の109シネマズにて、家族で宮崎駿監督の最新作『崖の上のポニョ』を鑑賞。どこかでストーリーをひねってくるのかと思いきや、余りにも素直な作品だったので驚く。絵本のような世界、手書き風にこだわった動画とか、宮崎監督がいい意味で爆発した近年稀に見る快作だと思う。彼の作品は、年を重ねるごとに心象風景の純度が増していっている気がする。

【8月13日(水)】
練習がてら私が車を運転して、父方・母方両方の墓参りに行く。車庫出しは一発でできるようになった。

【8月14日(木)】
「裏庭の混沌と創造」の集いがあったが、実家の用事のためキャンセル。後で合宿の詳細だけは聞いておかなければ。

【8月15日(金)】
祖母の家で親戚一同会す。

オアシスの7thアルバムからの1stシングル"The Shock Of The Lightning"がBBC Radio 1でついに解禁。iTunes Storeではアルバムの予約が開始され、"Falling Down"のみダウンロード可能に。YouTubeで聴いた限りでは"Fade Away"や"Bring It On Down"に近いアップテンポなナンバーでかなりカッコいい。少なくとも"Lyla"よりは第一印象が格段に良いので、名盤になることを期待。サイケなアルバムになりそう。でも、今回のアルバムは大ヒットか大コケかのどちらかのような気もする。

今年はOasis、Coldplay、Travis、The Verve、KeaneなどUK勢が熱いけれど、新人バンドは相変わらず不調。ニュー・レイブはあんまり好きじゃないんだよな・・・。最近はシューゲイザーばっかり掘り下げているけれど、シビれる新人バンドの曲をもっと聴きたい。今はRipchordにとりあえず期待しているが、アルバムいつ出すんだろ。彼らはArctic MonkeysやThe View系統の初々しいバンドで、この中ではとびきりポップな曲調が持ち味。

【8月16日(土)】
北京オリンピックで、ジャマイカのウサイン・ボルト選手が100mを9秒69で駆け抜けたことに驚愕。しかも最後は流して胸を叩くという余裕ぶり。しばらくこの選手に勝てるランナーは出てこないだろう。条件さえ整えば9秒5x台も夢ではないんじゃないだろうか。2~3年前までは人類の限界は9秒70と言われていたことが信じられない。

【8月17日(日)】

あいにくの雨。午後に東京に戻る。

【8月18日(月)】
1~3限まで授業。今日から授業はすべて3限で終わるので少しは気が楽だ。午後は新宿ディスクユニオンで中古のCDやDVDを物色。

ジュンク堂で本を2冊買う。
押井守『凡人として生きるということ』(幻冬舎新書)
土井隆義『友だち地獄』(ちくま新書)
授業中に読破してしまおう。

夜は散らかった部屋の整理。ここ最近漫画の増加が著しいので、決して広いとはいえない本棚にどのようなレイアウトで並べようか悩む。最上段の手前には文庫版の藤子・F・不二雄作品を並べることにした。まだ『T・Pぼん』『みきおとミキオ』『21エモン』を揃える予定なので本棚にスペースを空けておく。DVDは中段の手前に。バンドスコア、車や音楽のムック、展覧会の図録などは下段に。人によってはオタク(?)扱いされそうな最近の漫画は奥の列に並べることにした。

早稲田祭・合同音楽祭の希望調査書がメールで来たので一度集まらなきゃ。
メンバーには今日あたりメールします。

今回はこのくらいで・・・。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://rainyblue.blog6.fc2.com/tb.php/136-44a6711b
Listed below are links to weblogs that reference
近況備忘録 from 青い空はポケットの中に

Home > Diary > 近況備忘録

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。