青い空はポケットの中に - 2011年01月

Home > 2011年01月

2011年01月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

2010年の私的ベストアルバム20枚

 2011年になりました。皆様、本年もよろしくお願いします。

 私はといえば、今年は厄年ということもあって節目の年になりそうです。

 「今やるべきこと」は理解しているつもりでも、それを計画どおりに要領よく実行することの難しさを痛感しています。のび太に負けないくらいのほほんと生きてきたので、そのツケが今更回ってきたのでしょうか。いや、のび太だって大学を出て就職し、しずかちゃんと家庭を築いて息子ノビスケを立派に育て上げているわけで、私ものび太みたいに人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人間になろうと決心しました。
 
 最近は何だか、ぬるま湯で希釈したかのごとく茫漠とした日常に浸かっているような気分を覚えています。3年半前、間延びした男子校生活から解放され、遅れてきた思春期を取り戻すかのように前のめりな日々を過ごしてきました。そうした記憶を掘り起こせば掘り起こすほど、些細なことに悩み、バンドを組み、サークルを作り、あの胸の奥がつかえるような、それでいてヒリヒリした青さを滾らせていたあの時間が急速にセピア色に染まりつつあるのを感じています。

 J-POP界隈ではAKB48と嵐がオリコンの年間ランキングを占拠しました。邦楽もついに終わりか、なんて声も聞こえてきましたが、おニャン子クラブ(AKB48の元ネタでもある)全盛期の1986年はシングル1位獲得46曲中、おニャン子クラブ関係が30曲(Wikipedia情報)だったそうで、そんな一連の現象は80年代アイドル・ポップスの変奏だったのかもしれません。韓流アイドルやK-POPが依然として人気なのもマスメディアの戦略という側面を除けば、ある種の80年代っぽさ、言うなれば歌謡曲のイメージを彼・彼女らが湛えているからではないかと思います。

 日本のアイドル・ユニットではPerfumeもトラックは最新のテクノ・ポップにアップデートされているものの、ノスタルジックなメロディは明らかに80年代の物ですよね。ウィスパー・ボイスが特徴的なテクノ歌謡の代表曲である「ジェニーはご機嫌ななめ」のカヴァーが相次いだのも印象的でした。

 海外に目を向けてみると、昨年は有名バンドのリリースが少なかったこともありインパクトは決して大きくはなかったのですが、メジャーなバンドには作れそうもない鬼気迫る狂気を感じた作品が多かったように思います。私は主にUKロックを聴きますが、UKロックは一時の新人バンドブームが嘘のような沈黙を保っているのは少々寂しくもあります。今回選んだ中でイギリスのアーティストのアルバムは残念ながら多くありません。
 
 一方でUSインディ・ロックの影響力は拡大し、洋楽雑誌でも紙面を席巻するほどになりました。彼らの多くは自らの音楽的バックボーンをシニカルに俯瞰しつつもポップスへと昇華してしまう一方で、メンバーの精神状態が如実に反映されたかのような楽曲も特徴的でした。もはや大きな物語としてのロック・スターの姿はそこにはなく、ただ無国籍で顔の見えない音楽がそこにあるだけなのでしょうか。私が(一昨年に活動停止した)オアシスのことをやたらと口にするのも、うだつの上がらない若きワーキング・クラスのサクセス・ストーリーを未だに夢見ているからかもしれません。

Continue reading

Index of all entries

Home > 2011年01月

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。