青い空はポケットの中に - 2009年05月

Home > 2009年05月

2009年05月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

えっせん あーす げげっせん よんせん はっせん

  • Posted by: Rainyblue
  • 2009-05-29 Fri 23:02:34
  • Essay
帰宅後の昼下がりに何の気なしにテレビを見ていたら、東京大学五月祭のテーマに賛否両論といった内容の新聞記事が紹介されていて、それくらいいいじゃんかよとその時は気にも留めていませんでした。

詳しくはこの記事でも読んでください。

今年の東大五月祭のテーマは「AcademicPandemic」で、パンデミックという単語が新型インフルエンザを連想させて不謹慎だという批判が主にネット上(大方、虫唾が走るほど嫌いな”あそこ”でしょうが)で噴出したそうなんですが、批判に迎合して安易に変更しなかったところはさすが東大らしいプライドの高さが窺えます。

まあ、新型インフルエンザも豚インフルエンザの「ぶ」の字もなかった1月中旬に決定したテーマに今更あれこれ言うなよとも思うのですが、ネット上の記事を読んでいるうちにたまたま発見したのが京都大学11月祭のテーマ。

で、これが面白くて笑ってしまいました。やっぱ京大、東大とは違う人材が集まるな、と。

詳細はWikipediaこちらのサイトを見てほしいのですが、時代の空気を如実に反映しているのが興味深いところです。

例えば過去数年のテーマを挙げてみます。

・2001年(第43回) - それはそれ これはこれ
・2002年(第44回) - 総長! 京都を占拠致しました!
・2006年(第48回) - 溢れる才能の無駄使い
・2008年(第50回) - 単位より大切ななにかを求めて


この斜め上から見ている感とか、考えた人は絶対あっち方面の人だよなとか、21世紀以降のテーマはみんなこんな感じです。2007年のテーマは当初「超意欲的ニート」だった(抗議により変更)というからもはや突き抜けるところまで突き抜けてしまった感すらあります。京大生終わってんな。

1960年代後半~70年代中盤は、学生運動全盛期ということで「連帯」「解放」といった用語や左翼系セクト特有の長ったらしいスローガンなど、政治色がかなり強い時期が続くので大して面白くはありません。

そして、1980年代中盤~90年代前半になるとテーマから「意味」すらも喪失してしまっているような空気が漂ってきます。

・1986年(第28回) - えっせん あーす げげっせん よんせん はっせん
・1987年(第29回) - 白い乳房の上の11月祭
・1988年(第30回) - 裏からのぞけば 見えてくる
・1993年(第35回) - 花も実もある 根も葉もない


1986年のテーマは一体何なのかと調べてみたらドイツ語のessen(食べる)の活用形(後半はおそらく麻雀?)だそうです。そんなのテーマにしちゃうの。もはやテーマであることを否定してしまってますね。この中では93年のテーマが一番好きかなあ。この頃はちょうどバブル経済と同時期なので、バブルの空虚な時代性を如実に反映しているような気がしてなりません。

ただ、個人的には60年代前半、学生運動の萌芽が見え始める直前の、まだ古き良き学生のナイーブでインテリな文学青年的気質が感じられる、

・1961年(第3回) - 仮眠の季節における僕たちのあいさつ
・1962年(第4回) - 故郷喪失の時代と僕ら
・1963年(第5回) - 噛む時には言葉を考えるな
・1964年(第6回) - ああ自然死-このナチュラルなもの


あたりのテーマに心惹かれます。この時期は表現がやたらと文学的!

一見もの凄くアクティブでも、良くも悪くも有象無象な「イマドキの大学生の平均値」を体現しているように感じられる早稲田には、京大のような自堕落でエキセントリックなセンスは期待できそうにありませんが、今度京都に行くことがあったら京大にも立ち寄ってみようかな。

東大は秀才、京大は天才とよく言われます。馬鹿と天才は紙一重ですね。東大のテーマは真面目な人がマジメに背伸びしちゃった感があるけど、それでも大学生って大人に眉をしかめられるようなバカやってナンボだと思いますよ。青臭くたっていいじゃない。…大学生だもの。

私はくだらないことが大好きなんですが、くだらないことに情熱を注げられる人ってホント素敵だと思います。

東大京大で思い出したけど、東大には同じ高校の友人が何人かいるのに京大には一人もいないことに気付きました。そういえば未だ携帯電話を持たずに東大を目指して2浪しているとか風の噂に聞いたあいつ、どうしてるかなあ……。

あなたとあなたの関係は?

  • Posted by: Rainyblue
  • 2009-05-27 Wed 07:57:53
  • Essay
どうも、更新サボってすみません。「忙しい」という言葉はあまり使いたくないのですが、いつもよりはちょっとだけやることが多かったかな、と思います。

どうでもいいですが、私が前々から主張している通り、女って怖いってことがよく分かりました。妙な話題になった時のあの威圧感。私ひとりだったらどうなっていたことか……。悪いことをしているわけじゃないのに悪者にされた気分になりましたとさ。あー怖っ。

このくらいの季節って、何を着たらいいか迷うことが多くて、暑苦しくならないように春物のアウターを軽く羽織って誤魔化しています。シャツやカットソーくらいがちょうどいいかとも思うのですが、シャツ1枚をさらっと着こなせるほど私のファッションセンスには自信がありません。ううむ……。

さて、もうすぐ梅雨入り、それが終わったらいよいよ夏ですね。

ところで、久々に昼飯を奢ってもらったんですが、果たして良かったのかどうか。

事の発端は24日に参加した某ライブの打ち上げと称した飲み会。友人が幹事長を務めるバンドサークルにずっと誘われていて、そろそろ顔を出しておこうと、その友人に誘われる形で六本木の居酒屋に赴いたのです。しかしそこは他大学のバンドサークルとの合同飲み会。ライブの打ち上げとはこういうことだったわけで。顔見知りになっておこうと思ったそのバンドサークル所属の早大生もほとんどおらず、明治と慶應と青学だらけのアウェイな席に座らされて3時間を耐え抜かなければならなくなりました。

おまけに終わり際、故意ではないのですが、誰だか知らない人にサワーのピッチャーを盛大にぶっかけられ(大方酔ってよろけたのでしょう)、気に入っていたジャケットが酒まみれに。その人には土下座され丁寧に拭いてもらいましたが、冷や水ならぬ冷や酒を浴びた気分になりました。私はキレるどころか怒ることも慌てることもなく終始落ち着き払っていたので、半ば呆れていたように見られていたかも。

誘ってくれた友人にも平謝りされて、なんだか来て良かったんだか悪かったんだか分からなくなりました。ただ泣きっ面に蜂とはよく言ったもので、その日はとことん「水(みず)運」がなかったのでしょう、吉祥寺から自転車で帰宅する途中に土砂降りに見舞われ、ジャケットどころかジーンズやバッグまでもが水浸し。さすがに家に帰ったら泣いてやろうかと思いましたよ。あ、涙も水でしたね。

時は過ぎ、別に私は何とも思っていないのですが義理堅い彼がお詫びにラーメンを奢ってくれるというので、火曜日はやすべえでつけ麺をしこたま食べてきました。まあ昼食代が浮いたのはいいとして、結局気分が悪いのでジャケットはクリーニングに出すことにしたし、やすべえで昼食時の行列に巻き込まれため、3限に少し遅れて駆け込んだら出席カードはもう配り終わっていて(皆勤を逃してしまった…)、もやもやした晴れない気分の中今回の騒動は一応の決着をみることになります。

そんなくだらない話はこれくらいにして、最近ブログの更新をサボっているのですが、空いている時間はほとんどバイトを入れているので暇人らしからぬ日々が続いています。44時間働いた週には鮮緑展(展覧会)に出す絵を描かなければならず、33時間働いた週には1週間で演習の発表準備をしなければならないし(発表担当がちょうど1週間前に決まるという不測の事態だったので)、ほとんどパソコンには触れられないような日もありました。

いちおう6月までに30万稼ぐという目標を設定しているので、なんとかやり遂げてやろうかと。今くらいがバイトなぞに現を抜かせる最後の時期かもしれないし。夏からは公務員試験の勉強にシフトしていくことになるでしょう。

鮮緑展に出した絵はいざ飾ってみるとあんまり芳しい出来ではなかったので、もうちょっと色の塗り方を研究してみようかと考えております。水彩で向日葵を映えさせるのは難しいですね、どうしても周囲に埋没してしまうので。今回の展覧会、色々とインスピレーションを受ける部分があって、(実現できるかどうかは別として)バブルのようにアイディアが次々と浮かんできました。それらのアイディアは箇条書きでノートに書き留めておいたので、今度の展覧会やアート系のイベントではそれを形にしてみたいと思っています。

私は過去3回の展覧会すべてで女の子の絵を出展していますが、別に今まで女の子ばかり描いてきたわけじゃありません。むしろ生まれてこの方異性など描いたこともなかったのです。だから今まで描かなかったモノを描いてみようかと思ったわけで。でもこれも一区切りをつけて、本来得意な風景画とかもっと違う作品も描いていくつもりです。バイト代貯めてパソコンを買い替えてソフトを充実させたらCGにも力が入れられると思うと今からワクワクしてきます。

バンドの方は最近すっかりご無沙汰でして、多分みんな忙しいからなんでしょう。私はどうかといえばライブがやりたくて仕方がないのですが、早稲田祭では遅すぎるので少なくとも夏までに最低1回はやりたいと思っています。例の友人が自主企画ライブを計画しているらしいので、対バンさせてもらえる運びとなりそうです。

バンドやってると周囲に吹聴しておきながら、誰かにギターを弾いて見せたこともないし(まあ壊滅的にギターが下手なわけですが…あ、この前は2年の後輩にちょっとだけ弾いてあげました)、特にサークルの方々にはライブにも誘ってないので、今度はできるだけ多くの人を誘えたらいいなあ。下手でもなんでも、ライブは見せてナンボだと思っているので、こういうときだけは自己顕示欲をオーバードライブさせることにしています。

話は戻って、月曜日に演習で発表したのは『自殺サークル』(園子温、2002年)という、スプラッタ映画のように血が噴き出るし、バトルロワイヤルみたく何の脈絡もなく人が自殺するまあよく分からない映画です。でもポップで軽いタッチで描かれているホラー映画は珍しいと思うので、血やスプラッタが平気な人は見てみるのもいいかと。自殺がテーマの映画の割にさらっと見られます。

日記のタイトルにしているのはこの映画で繰り返し反復される重要なフレーズです。いちおう、この映画のキャッチコピーというかテーマみたいなもので、劇中で次々に人が自殺するのは、現代人が「あなたとあなたの関係」を分かっていないからだ、とそう呼びかけているように思えました。

発表では、「あなたとあなた」を「身体と精神」と読み替えて、身体のみが肥大化し精神が置き去りにされた現代人に対する痛烈なアイロニー云々とか喋った記憶がありますが、これは私の解釈なので正直なところ、自分自身も腑に落ちていません。

皆さんは「あなたとあなたの関係」が分かりますか?

Rainyblue on Twitter

  • Posted by: Rainyblue
  • 2009-05-08 Fri 23:57:06
  • Web
オアシスのリアム・ギャラガーがTwitterでメッセージを発信しているのを見て、「あ、日々のつぶやきを発信するにはTwitterが最適じゃないか!」って思ったところです。

で、早速登録してみると…

”そのメールアドレスはすでに存在しています”……ってあれ!?

と思ったら2007年5月(ちょうど2年前!)にアカウントを作ったまま放置していたんですね。おそらく、Twitterの日本語版ができたとかいう記事をWeb上で見つけて、試しに登録してみたまま約2年もの間忘れ去られていたんでしょう。

だけどRainyblueのユーザ名がちゃんと確保してあったのには安心しました。投稿数は1件だけだったけど。

ってなわけで、今日からTwitterで日々ぼやいていくことにしました。それと当面、URLはブログ読者のみに公開しすることにします。このブログの「ひとりごと」カテゴリっぽいことも書くかもしれないので(笑)

私のTwitterはこちら。
Rainyblue on Twitter
http://twitter.com/Rainyblue

ついでに…
リアム・ギャラガーのTwitter
Liam Gallagher on Twitter
http://twitter.com/liamgallagher

ノエルとWeb上で兄弟喧嘩をおっ始めているのが面白くて、いつもノエルのブログと一緒にチェックしています。ウィットに富んだ長文を書く兄ノエルと、ひたすら1行で叫ぶ弟リアム。両者の気質がよく表れている気がします。

ノエル・ギャラガーのブログ(ノエル本人は”日記”であると主張)
Noel's 'Tales From The Middle Of Nowhere'
http://blogs.myspace.com/oasis

Twitterを使っている方がいたら友だちになりましょう。メールまたはコメントお待ちしております。

それじゃまた。

maccheronian×oasis

  • Posted by: Rainyblue
  • 2009-05-04 Mon 23:06:04
  • Fashion
3月号のジョーカーに載っていたマカロニアンとオアシスのコラボモデル、まごまごしているうちに私の欲しかったモデル(リアム・ギャラガーモデル)は完売。あちゃー。

3915le-whtblublk_1.jpg

でも、2番目に欲しいモデル(オアシスモデル)はまだ全サイズ残ってるから買っちゃおうかな。マカロニアンは以前から履いてみたいと思ってたし。

3915le-whtgrnred_1.jpg

靴といえば、夏はダナッサのデッキシューズで乗り切ろうかと思ってたけど、ソールが薄くて歩きにくいわベロが足の甲に当たってちょっと痛いわで、歩きやすいどころか歩きにくいことこの上ありません。中敷き入れようかな。

danassa.jpg

なので最近ジャーマントレーナーを買いました。さすがドイツ軍の訓練用シューズだけあって歩きやすい! デザインもモードっぽくていいですね。確か過去にディオール・オムが似たようなデザインのスニーカーを出してたはずです。

new1183wht-1.jpg

スニーカーは歩きやすくて足にフィットするという理由でアディダスを好んで履いています。特に好きなのがスタンスミスで、もう3~4足は履きつぶしているはずです。

stansmith.jpg

今履いてるやつもいい加減ボロボロになってきたので買い替え時なんですが、残念ながらオリジナルのスタンスミス(ベロにスタン・スミス氏のロゴが描かれている)は生産中止になってしまったんですよね。日本専用モデルとかいう新スタンスミスはデザインがあんまり好きじゃないし、デッドストックでも探そうかな。

ゴールデンウィークは何故か歩くことが多かったので、靴を話題にしてみました。

ではそろそろ演習発表の準備にでも取り掛かることにします。

チャミーを描いてみた

『映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』公開記念ということで、チャミーを描いてみました。新劇場版ではチャミーのデザインが原作に忠実になって、よりキュートになっています。

チャミーとは、『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』(大長編、劇場版、新劇場版)に登場するウサギのような不思議な宇宙生物で、性別はメス。人間の言葉を操り、普段はロップルくんとコーヤコーヤ星で暮らしています。ドラえもんを「ドラちゃん」と呼び、ちょっと生意気なところがあるのがチャームポイントです。原作では「~だわさ」という言葉遣いが特徴的。

映画を見て、改めてチャミーってかわいいなって思いました。映画ドラえもん(大長編ドラえもん)のゲストキャラクターでは特に好きなキャラクターです。ドラえもんとの心温まる交流もいいですよね。

チャミー

pixivはこちら。

急に思い立って描いたので、やっつけ仕事ですが。

ソフトはSAIのみで、制作時間は2時間くらいかな? SAIはペン入れツールが秀逸で、線画をメインにしたコミックイラストを描くのに適しています。

でもね、PCのスペックが足りなくてイライラするんだよなこれが。今のパソコンは大学に入ってすぐに買ったVista初期のモデルなので、CPUはPentium 4、メモリは1GBという明らかなスペック不足なのです。

今採点のバイトを始めたので、その給料を頭金にして学割で24インチのiMacとPhotoshop CS4を買おうと画策中。これで私も晴れてMacユーザーに…! 何でいまさらMacにスイッチしたいのかというと、iLifeに付属のGarageBandを使ってみたいからというのが理由のひとつです。

あと、新劇場版のパンフレットに載っていたチャミーのぬいぐるみ、かわいいなあ。なんでイチゴのマスコットが付いているの知らんけど。安いし買っちゃおうかな。

ところで、寝る前に『東のエデン』を見ていたらニュース速報が流れて、何やら慌ただしい報道特番が放送されていました。新型インフルエンザですか…。もしこのまま感染が拡大すれば即刻休講になると先日大学からメールが来ていましたが、休みになったって何もいいことないんで(帰省が命じられるし)、深刻な事態にならないように願うばかりです。

それでは皆さん、良い黄金週間を!

Index of all entries

Home > 2009年05月

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。