青い空はポケットの中に - 2007年11月

Home > 2007年11月

2007年11月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

トキワ荘が解体された日

今日、何の気なしにお昼の番組を見ていたら、トキワ荘の特集を放送していました。1982年11月29日は、トキワ荘が解体された日だそうです。トキワ荘とは、若き日の手塚治虫、藤子不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫などの、今では漫画界の大御所となった漫画家たちが、共に青春時代を過ごした木造アパートのことです。テレビの画面には、在りし日の手塚治虫、藤子・F・不二雄、石ノ森章太郎先生や、トキワ荘の映像が映し出されていました。私は、こうした巨匠と呼ばれる漫画家たちが生きて動いている映像をあまり見たことがないので、ついつい画面に見入ってしまいました。放送されたトキワ荘のエピソード自体は、既に本で読んだりして知っているものがほとんどでしたが、解体当時の貴重な映像が見られたのはラッキーでした。また、藤子不二雄A先生が新たにインタビューに答え、手塚先生とのエピソードや、トキワ荘への思いを語っていらっしゃいました。

今日もスタジオに入ったのですが、だんだんバンドとしてまとまってきたようです。ギターも少しずつ慣れてきたし、ボーカルやドラムもだんだん上達してきたように思います。

あ、そうだ、レポートを仕上げなきゃ・・・。

大みそかもドラえもん!?

  • Posted by: Rainyblue
  • 2007-11-25 Sun 00:58:59
  • Diary
金曜日が休みでホッとしましたよ。

何をしたかと言えば、何もしてません。くまのプーさんは、「僕は何もしていないをしているんだ!」と言っていましたが、まさしくそんな感じです。ちなみに、ディズニーキャラクターではプーさんが一番好きです。

iTunesで、Paul McCartneyのアルバムを流しながら日記を書いています。"Band On The Run"は名盤です。Paulのニューアルバムもなかなか良いですね。64歳であれだけ勢力的に活動している人ってやはり憧れます。iTunesのライブラリもついに5000曲を突破。東京に引っ越してきてから、TSUTAYAや中古CDが身近になったせいか、急激に曲数が増えました。

木曜日はクラスの仲間とスタジオに入りました。都合で3人だったのですが、3人だと1人の役割が増すから気が抜けません。買ったエフェクターを初めて音出ししてみました。すると、アンプに繋いだだけでは雑音と紙一重の音がします。ツマミやアンプのセッティングを調整して「音作り」ってやつをする必要がありそうです。とりあえず、Oasisの"Roll With It"のイントロ(D7→C9→G)を弾いてみると(といってもイントロしか弾けませんが)、何となくそれっぽい音は出ましたが、ディレイを足すともっとそれっぽくなるのかな。Radioheadの"Creep"に初挑戦。やっぱりギター1人だと厳しいですね。アルペジオを弾きながら歌うなんてとてもできません。サビ直前の「ガガッ」って音を出そうと思ったけど上手くいかず。ディストーション使ったんだけどな~。T君にNirvanaの"About A Girl"のドラムが上手いって言われて、ちょっと嬉しかったり。とりあえず8ビートらしきものは叩けるようになりましたよ。バスドラムがまだ微妙ですが。来週も入るそうです。次はベースも練習しよう。テレキャスターが急に欲しくなりました。

最近、自炊に凝ってまして、というのも、両親や祖母が野菜などの食料をたくさん送ってくるからなんですが、その野菜を処理するために、自炊しているわけです。ネットでレシピを検索したりして、簡単そうな料理に毎日挑戦しています。最初は面倒臭いと思いつつ作っていましたが、慣れてくると不思議と手際も良くなるもんで、今ではそれほど時間はかかりませんし、楽しいとさえ思えます。心なしか体調もいいような。自分で作った料理の方がおいしいし、食費も抑えられますからね。今は目下チンゲン菜を処理しているところです。料理の出来る男を目指そう。

風の噂によると、大晦日もドラえもんやるみたいですね。もしこれが事実だとしたら、良かった良かった。昨年の大晦日のドラえもんは、視聴率の低さもさることながら、番組内容がお世辞にも褒められるような出来ではなかったので、今年の大晦日は、納得のいくような番組作りを期待します。私の子供時代を思い返すに、大晦日をはじめとして、ドラえもんのスペシャルの何が楽しいかって、「たっぷり話が見られる」ことでした。3時間もあった年には、「今日は○話も見られるんだ」と、テーブルいっぱいのごちそうを目の前にしているかのような気持ちで見たものでした。そして、見終わった後には満腹感と満足感でいっぱいでした。そんな気持ちも、久しく経験していないな・・・と思います。賛否両論のドラえもんのリニューアルから2年。その是非はともかく(人それぞれ意見があると思うので)、私はドラえもんの原作の話が再評価されたことに意義を見出し、毎週楽しく見ています。最近はクオリティのばらつきが目立ち始め、毎週感想を書く気にはなれませんが・・・。そしてさらに、子供の頃、大晦日のドラえもんスペシャルを見た時の気持ちをもう一度味わいたいな・・・と思います。小手先のバラエティ的演出なんていらないんです(番組冒頭と最後だけで充分)。新作(+再放送)で、お腹いっぱいになるまで視聴者を満足させてほしい、そう思います。

「オカルト芸術論」という授業を受講しているのですが、先生が「魔太郎がくる!!」について取り上げていました。コミックスも所有しているようで、スライドで見せてくれました。ドラえもんでいえば、「のび太の魔界大冒険」における出木杉の科学と魔法についての解説は、あれほど簡潔で分かりやすいものはないと思っているのですが、「藤子不二雄とオカルティズム」なんてタイトルで、面白い研究課題になりそうです。

東京モーターショー2007

  • Posted by: Rainyblue
  • 2007-11-21 Wed 19:35:26
  • Cars
11月1日に、東京モーターショー2007に行ってきました。今回で4回目の訪問です。授業のない平日を狙って行ったのですが、それでもかなりの人出でした。ただ、今回初めて平日に足を運んだので、すべて土・日曜日だった過去3回の人の多さに比べれば、かなり少なかったと思います。今回一番の目玉である日産GT-Rも、他の展示車両に比べれば別格の人だかりでしたが、それでも5分ほどで最前列にて見ることができました。

他にも書きたいことがたくさんあるのですが、何やら明日以降は大学祭の準備でサークルが忙しくなるということなので、後日追記することにします。

Yahoo!のフォトアルバムに当日に撮影した写真をアップロードしておきました。もしよろしければご覧ください。たまに車と一緒にコンパニオンのお姉さんが映っていますが、私は彼女らのカメラ目線が苦手なので、あえて目線を外して撮影しました(笑)。

☆フォトアルバムはここをクリック☆

Index of all entries

Home > 2007年11月

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。