青い空はポケットの中に - 2007年08月

Home > 2007年08月

2007年08月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ロックンロール・スターを求めて

  • Posted by: Rainyblue
  • 2007-08-10 Fri 01:58:49
  • Essay
最近、当ブログの更新が雑多な記事ばかりでドラえもん・藤子関連の記事の更新ができず、歯がゆい思いをしております。というのも、最近のわさドラに幻滅する部分が大きいというのがあります。私はリニューアル当初からわさドラを一貫して応援してきたというのは、くどい位に述べていると思います。「応援する」というのは、何も闇雲に支持することではありません。「ここは良かった」「ここはこうした方が良かった」など、是々非々で判断することだと自分の中では定義づけています。つまり、作品に対する盲目的な肯定も否定もしない、ということです。日テレ版ドラ、大山ドラ、わさドラ、それぞれに個性があり、それを認めていこう、というのが私のスタンスであり、そのつもりで記事も執筆してきたつもりです。

ここ数か月のわさドラは、クオリティの高い作品が放送される頻度が落ち、変化しつつある制作方針に賛同できない点が多く、もし記事を書けば若干批判的になるかもしれません。ここ数カ月は、あまり記事を執筆させる気を起こさせないような作品が続いてると個人的には思います。ですので、放送開始以来すべての放送回を視聴し続けていますが、執筆に数時間を要する各回の感想記事はなかなか書けないのが現状です。

当面は、来年の映画に期待するとして、今後のわさドラの動向を静かに見守りたいと思います。大学も夏休みに入ったので、ドラ・藤子関連の記事を中心に、更新頻度もできるだけ増やしていくつもりです。

前置きが長くなりすぎましたが、今回はタイトルにもある通り、大学生活と音楽の話題でお茶を濁します。

*******************************************************************

先々週の金曜日に、フランス語のクラスの友達と4人で、スタジオに入ってきました。彼らとは4人でバンドを組んでいます。お互いに好きな曲を持ち寄って、練習し、スタジオで合わせる、といった感じの活動をしています。サークルとはまた違った楽しさがあります。

演奏した曲は、The Beatlesの"Help!"と"We Can Work It Out"、それからNirvanaの"Smells Like Teen Spirit"の3曲でした。この3曲を、テストが終わった25日から練習に取り掛かったわけですが、これが一筋縄にはいきません。"Help!"は、バレーコードが多くて思うように指が動きません。"We Can Work It Out"は何とかなりましたが、"Smells Like Teen Spirit"は時間がなくてほとんど手をつけられず・・・。

バレーコードは、ビギナーにとって鬼門です。ギターを始めてもうそろそろ3か月が経とうとしていますが、未だに苦手意識が拭えません。C年発表会以来、ほとんど成長できていないような気もします。部屋のよく見えるところにギターを立てかけ、毎日触れるようにはしているのですが・・・。とりあえず、 FとかBとか、基本的なバレーコードは単独なら押さえられますし、音も出ます(たまに怪しい部分もありますが)。でも、それを演奏の流れの中でスムーズなコードチェンジに結びつけることがなかなかできません。解決策としては、とにかくバレーコードの出てくる曲に果敢にチャレンジし、慣れていくしかないのでしょう。時折雲の上の存在に思えてくる、サークルの同級生や先輩方にも、こういう時期があったのでしょうから。

肝心のスタジオは、午前中の3時間を使ってみっちりと楽しむことができました。本当はメンバー全員ギタリストなのですが、楽器の分担はお互いに譲り合っています。メンバーの中で私だけ明らかに下手でしたが、それでも快く演奏してくれたメンバーに感謝します。

"Smells Like Teen Spirit"では、ドラムを担当しました。もっとも、この曲は練習不足で何もできない状態だったので、Nirvana好きのメンバーにその場で叩き方を教えてもらい、見よう見まねでなんちゃってエイトビートをひたすら刻み続けました。初めてドラムを叩いてみたのですが、ドラムって楽しいですね。でもかなり難しいです。右手、左手、そして右足と、3つ同時に動かすのは初めて触った人間には未知の領域です。コードとカッティングを同時に行うことすら未だままならないのに、ドラムで3つを同時に動かすなんてできるはずもなく、3つのうちどれか1つを無視して叩くことしかできませんでした。

その後、4人でカラオケに行った後、課題曲をそれぞれ1曲ずつ出し合い、夏休みの後半に再び集まることにしました。私はOasisの "Wonderwall"を選びました。今練習中の曲であるというのと、演奏しても歌っても気持ちの良い曲だからです。あとの3曲は、Creamの "Sunshine of Your Love"、The Whoの"I Can't Explain"、Nirvanaの"Tourette's"です。"Tourette's"では、簡単だよと言われたのでベースを担当します。さて、どうなることやら・・・。再び会うその日まで、練習に励みたいと思います。

最近、CDを2枚買いました。Hurricane #1(ハリケーン・ナンバーワン)というバンドの、"Hurricane #1"と"Only The Strongest Will Survive"というアルバム2枚です。これは彼らの1stと2ndアルバムで、出したアルバムはこれだけなのですが、このバンドは、現Oasisのベーシストであるアンディ・ベルが、Rideという有名なシューゲイザー・バンドを解散した後、Oasisに加入する前に結成していたバンドです。ボーカルは元ボクサーという異色の経歴をもつアレックス・ロウという人物がすべて担当しています。彼の声はリアム・ギャラガーに似ていて渋味があり、曲調は OasisとThe Stone Rosesを合わせた感じで、典型的なUKの音です。最初は話題性も手伝ってそこそこ人気があったらしいのですが、2ndが泣かず飛ばずの売り上げで、アンディのOasis加入という形で解散してしまったそうです。個人的にはかなり気に入ったバンドなので、機会があったら聴いてみてください。

ところで、私は新人バンドのチェックには余念がないので、掲示板やmixiのコミュニティを活用して、ピンとくる新人バンドがいないものかといつも探しています。名前を見つけたらとりあえずYoutubeやMyspaceで試聴して、気になった場合はCD屋に足を運んでいます。特に吉祥寺のHMV には毎週のように足を運び、そこで新たな新人を発見することもしばしばです。

ですが、ここ数か月は、CDを買う気にさせてくれるような新人に未だめぐり会えていません。名盤とか、既存のバンドの新作とかは、買うなり借りるなりして常にストックを増やしているのですが、こと新人のバンドに関しては、なかなか良いと思えるのが見つからないのです。数か月以内にチェックした新人バンド数は50を超えると思いますが、CDを買ってもいいと思えたのは1つか2つですね。そして、最初はポップでないという理由であまり好きになれなかったArctic Monkeysの良さが分かってくるという始末です。私は毎年自分で購入した新譜を勝手にランク付けするのですが、2007年上半期の1位は断トツで Travisの5thアルバム"The Boy With No Name"になりそうです。次点はArctic Monkeysの2ndでしょう。

今UKで騒がれているのは、The EnemyとThe Draytonesあたりでしょうか。他にもいくつかあると思いますが、後者はビートルズ風味のサイケガレージといった感じでなかなか良いと思います。前者はかなり騒がれています。Arctic MonkeysからThe Viewに続く流れのバンドのようです。曲はキャッチーだし、多分売れると思いますが、試聴した限りではアルバムの出来はそれほどでもないようです。このバンドは、メディアが大仰な煽り文句で「ポスト・オアシス」的な扱い方をしているので、その分期待という幻想を抱いてしまい、試聴した後の幻滅もまた大きかったようです。「ポスト・オアシス」といえば最近のバンドの大半がそういう煽り文句をつけられているような気がします。でも私が「ポスト・オアシス」になりうると感じたバンドはほとんどありません。

オアシスといえば、私にとっては「ロックンロール・スター」、すなわちあこがれの対象です。今でも現役バリバリのバンドですが、世代が違うため、「同世代のヒーロー」にはなりえません。私が新人バンドをいつもチェックしているのは、無意識のうちに「同世代のヒーロー」を探し求めているからかもしれません。でも、音楽の嗜好やジャンルが細分化し続けている今、オアシスのように、数千万枚を売り上げ、スタジアムを満杯にし、皆で大合唱できるような、ともすれば前時代的なバンドは、なかなか現れないかもしれないですね。音楽性がビートルズやオアシスに似ている必要は全くありません。いつか、私たちの時代のヒーローになれるような、そんなバンドが出てくることを願っています。

Index of all entries

Home > 2007年08月

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。