青い空はポケットの中に - Animation

Home > Animation Archive

Animation Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「好きなアニメランキングベスト100」(テレビ朝日系)

  • Posted by: Rainyblue
  • 2005-09-22 Thu 00:24:48
  • Animation
アニメのランキング番組はテレ朝で幾度となく放送されており、私もその都度見てきたが、今回も「これが日本のベスト100」という番組の企画として2時間にわたって放送された。

藤子アニメのランクインは、「ドラえもん」(第3位)、「キテレツ大百科」、「オバケのQ太郎」、「怪物くん」の計5作品。やはり懐かしアニメが中心だったが、放送中のアニメとして私のお気に入りの「ケロロ軍曹」が第58位にランクインしていたので嬉しかった。

肝心のドラえもんは、大山ドラに関する放送は一切なく、わさドラオンリーだった。内容は、わさドラの映像と新声優陣のコメント、それから新主題歌「ハグしちゃお」の紹介など。テレ朝側はわさドラの定着に躍起になっているだろうから、しばらくテレ朝の地上波で大山ドラが流れることはないかもしれない。3位なのにパネラーのコメントは一切放送されなかったが、余り芳しくない評判がパネラーの口から発せられたというのは想像に難くないかも。今のところ、わさドラを好意的に見ているのは少数派だろうからね・・・。

また、この番組を見て版権の難しさを改めて思い知った。前述の「オバQ」は一枚の絵すらも写されないという状況だった。オバQの版権についてプロダクションがもめているのは知っているのだが、ファンとしては醜い争いにケリをつけて早くオバQ(漫画・アニメ共に)手軽に手に入る状況を作っていただきたい。

「サザエさん」ワカメちゃんの声も交代

  • Posted by: Rainyblue
  • 2005-04-05 Tue 14:00:37
  • Animation
4月3日放送分の「サザエさん」より、ワカメちゃんの声が野村道子さんから津村まことさんに交代となった。

サザエさんは日本のアニメでは常にトップの視聴率を叩き出しており、デジタル彩色ではなく唯一今でもフィルム現像を利用しているアニメでもある。絵柄、世界観等も全く変わっていない。また、ドラえもんと違い主要メンバーは少しずつ交代する方法がとられてきたが、サザエさん、フネ、波平、タラオの声は1969年10月5日の放送開始以来一切変わっていない。

津村さんの声はそれほど違和感なく受け入れることができたが、野村さん特有のハスキーがかった声ではなく、普通の女の子の声といった感じである。古くからサザエさんを見ている人によると、野村さんの前に初代ワカメちゃんの声を担当していた山本嘉子さんの声に近いという。ノリスケの声も最近変わった。カツオの声もだいぶ上手になり、もとの声を忘れてしまうほどにまでなった。主要メンバーの声は以下の通り。

フグ田サザエ(CV:加藤みどり)
フグ田マスオ(CV:近石真介→増岡弘)
磯野カツオ(CV:大山のぶ代→高橋和枝→冨永みーな)
磯野ワカメ(CV:山本嘉子→野村道子→津村まこと)
フグ田タラオ(CV:貴家堂子)
磯野波平(CV:永井一郎)
磯野フネ(CV:麻生美代子)
波野ノリスケ(CV:村越伊知郎→荒川太郎→松本保典)
波野タイ子(CV:恵比寿まさこ→塚田恵美子)
波野イクラ(CV:桂玲子)

サザエさんは声優交代を公に話題にせず、少しずつ行うことで世界観を保ってきたといえる。今や旧時代的な風景になってしまったが、サザエさんはもともと新聞連載漫画であり、連載当時は時事的な話題や最新の流行も盛んに取り入れられていた。また、万博など実在のイベントにアニメの中で行くことで知られていたが、愛知万博には行かないという。理由は「サザエさんの世界観を守るため」だとか。もしかしたら、他の企業のパビリオンを放送しにくいとか、メインスポンサーである東芝に配慮するためなのかも知れない。でも、サザエさんの声が変わるときはさすがに話題になるだろうな・・・。

Index of all entries

Home > Animation Archive

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。