青い空はポケットの中に - Cars

Home > Cars Archive

Cars Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

東京モーターショー2009

  • Posted by: Rainyblue
  • 2009-11-11 Wed 05:58:34
  • Cars
去る10月28日、東京モーターショー2009に行ってきました。幕張メッセにて隔年で開催されている東京モーターショーは今年で41回目の開催となります。

初めて足を運んだのが確か中学生のときなので、もうかれこれ東京モーターショーには5回ほど足を運んでいるはずです。人並みに車への興味はあるので、半分ペーパードライバーですが運転免許(当然MT)は大学1年の夏休みに取得しています。

100年に一度の大不況と言われる中、海外メーカーは軒並み不参加を決定し、近年では最もコンパクトなショーになってしまいました。会場の規模も例年の半分以下という小ささです。普段なかなか触れるチャンスのないBMWやベンツやポルシェに触り放題&乗り放題なのもモーターショーの醍醐味のひとつだったのに、海外主要メーカーはすべて不参加。出展したのはロータス、アルピナなど小規模メーカー3社に留まっています。

期待の日本勢ですが、こちらは光岡自動車と主要トラックメーカーが不参加を表明。参加を決定した各メーカーは例年と同規模のブースを設けていましたが、正直言ってどの自動車メーカーもあまり元気を感じられませんでした。それでも各メーカーがしのぎを削って環境対策に注力したり、「Fun to Drive」(運転の楽しさ)をアピールするコンセプトカーを発表するなどの気概が見られたのは頼もしいところです。

平日といってもそれなりに混んでいましたが、それはおそらく会場の規模が半分以下になってしまった為にいつもより人が多いように感じただけでしょう。例年なら幕張メッセ全体がお祭り騒ぎの様相を呈していたのに、今回は9・10ホールだけを間借りして、何だかひっそりと開催されているような印象さえ受けました。

いつものことながら車には目もくれずおねーさんばかり撮り続けるカメラ小僧はウザいことこの上ないのですが、そのおねーさん達も今年はかなり数が少なく、あまり覇気もありませんでした。コンパニオン業界にも不況の波が……。どのブースのおねーさんが美人だったとか書いてみたいけど恥ずかしくて顔もまともに見ていないので割愛。それでもわざわざ作り笑顔がきれいなおねーさんからパンフレットを受け取るのが楽しかったりするんだけど。

各ブースの印象は、トヨタ、ダイハツ(トヨタの子会社)、ホンダの純国産勢はさすがに派手というか大規模でした。しかしマツダなんかはコンセプトカーも1台だけで、正直大丈夫?というくらい元気のなさが目立ちました。群馬がお膝元のスバルはとりあえず元気そうだったので一安心。

東京モーターショーといえば各メーカーが趣向を凝らしたパンフレットをもらうのも楽しみのひとつなのですが、そのパンフレットひとつをとっても不況の波を実感できます。紙質、厚さ、大きさ、レイアウトのクオリティ、どれをとっても驚くほど前回と比較するまでもなく悪くなっていたのです。大会社のトヨタなんかペラペラで、しかも雑誌とのコラボと広告で経費削減を図る始末。ホンダも同様で、フリーペーパー形式にしたために安っぽさが目立ちます。トヨタの高級ブランド・レクサスも明らかに質が落ちています。他のメーカーはレイアウトがシンプルになり、全体的に薄くなっていました。

海外メーカーはそもそも出展すらしていません。以前だとBMWミニなんてアンケートに答えるだけで数百ページもある分厚いカタログがもらえたのに。その海外メーカーですが、上海・北京のモーターショーにはきっちりと全メーカーが出展を表明しています。国産車が充実している不況真っただ中の日本から、新興国で外国車中心の中国へアジアのメイン市場を移そうとしているのでしょう。

最近初マイデジカメ(Nikon COOLPIX S640)を買ったので、そのシェイクダウンも兼ねてたくさん写真を撮ってきました。mixiフォトアルバムに厳選した100枚を掲載しておきましたので、もしよろしければご覧くださいませ。Picasaには失敗写真も含めたすべての写真がアップロードしてあります。

▼Picasa ウェブアルバムへのリンク

それでは、いくつか気になった車をピックアップしてみます。

▼ホンダ・CR-Z コンセプト
送信者 東京モーターショー2009

ホンダといえばインサイトが売れているが、そのインサイトで使われているハイブリッド技術を応用して作られたのがこの車。往年のコンパクトスポーツの名車「CR-X」を想起させるその車名に偽りなく、スポーツカーとして仕立て上げられているとのこと。エコなハイブリッドでスポーツカーというコンセプトが新鮮。展示車はほぼ市販車に近い形で、実際に2010年2月の発売が予定されている。

▼トヨタ・FT-86 コンセプト
送信者 東京モーターショー2009

対するトヨタも往年のコンパクトスポーツの名車「カローラレビン」「スプリンタートレノ」をモチーフとしたコンセプトカーを発表。「FT-86」という車名からイメージされるのは、特に「AE86型」と呼ばれる1983~1987年に製造されていたモデルだろう。漫画『頭文字D』の主人公・藤原拓海が乗る車としても有名で、そのせいか旧車にも関わらず中古車市場では異常な高値で安定している。『頭文字D』は中学・高校時代の愛読書だったなあ。第1部は本当に面白かった。

開発者曰く「誰でもドリフトができて若者に乗ってもらえる車を目指した」というが、果たして上手くいくかどうか。というより開発者自ら「ドリフト」とか言っちゃっていいのかと。ドリフトはあくまでレースの世界かイレギュラーなフィールドで行われるもの。車は当然ながら滑らない方が安全だし、ドリフトというのはそういう車をわざわざレーサーや走り屋が操って滑らせることによって発展してきた操縦法という側面がある。

そうして造られた「FT-86」はある意味オフィシャルなドリフトカーということになるんだろう。それがスポーツカー好きにとって魅力的に映るのかは疑問だけど、この不景気にスポーツカーを作ろうという心意気は買っておこう。

「FT-86」はスバルとの共同開発車で、設計開発・製造はスバルが担当する。2011年内の発売がアナウンスされており、トヨタとスバルの両ブランドで販売される。
「FT-86」はスバルとの共同開発車で、設計・製造はスバルに一任。2011年内の発売がアナウンスされており、トヨタとスバルの両ブランドで販売される。

ブースは大人気で、平日にも関わらず車の前には黒山の人だかり。モーターショーに足を運ぶような層なら気になるよなそりゃ。てか私もこの車欲しい。社会人になってある程度余裕ができたら買おうっと。

ブースではPS3の「グランツーリスモ5」とコラボした映像が車の横で繰り返し流されていて、同じ映像がYouTubeでも見られるのでよろしければどうぞ。この車のコンセプトがよく分かるので。ちなみに私がPSPで最初に買ったゲームは「グランツーリスモPSP」。


あと、他に気になった車とか。

▼ホンダ・EV-N(電気自動車)
送信者 東京モーターショー2009

▼ホンダ・SKYDECK(ハイブリッドカー)
送信者 東京モーターショー2009

▼ホンダ・インサイト(売れてるハイブリッドカー)
送信者 東京モーターショー2009

▼ホンダ・シビック TYPE R EURO (かっこいい!)
送信者 東京モーターショー2009

▼マツダ・清(きよら)(皆「きよし」と読んでいた(笑))
送信者 東京モーターショー2009

▼トヨタ・iQ(3+1人乗り超小型車)
送信者 東京モーターショー2009

▼三菱・i(アイ)(個人的に現行車で最も優れたデザインだと思う)
送信者 東京モーターショー2009

▼トヨタ・プリウス(今一番売れている車)
送信者 東京モーターショー2009

▼日産・フェアレディZ(先代より幾分デザインはマシになった)
送信者 東京モーターショー2009

▼スバル・ハイブリッドツアラーコンセプト(おねーさんピンぼけ!)
送信者 東京モーターショー2009

▼スバル・Plug-in STELLA(家庭で充電できる電気自動車)
送信者 東京モーターショー2009

▼レクサス・LFA(市販予定の国産スーパーカー・お値段は3,750万円以上!)
送信者 東京モーターショー2009

▼ケーターハム・スーパーセブン(今でも新車が買える名オープンカー)
送信者 東京モーターショー2009

▼マツダ・RX-500(幻のロータリーエンジン搭載スーパーカー)
送信者 東京モーターショー2009

▼トヨタ・スポーツ800(往年の名車・小さい!)
送信者 東京モーターショー2009

▼ホンダ・アコードCVCC(低公害車(エコカー)の先駆け)
送信者 東京モーターショー2009

▼日産・GT-R SUPER GT(レースカーだとかっこよく見える)
送信者 東京モーターショー2009

▼ロータス・エリーゼ(今回数少ない外車・かっこいい!)
送信者 東京モーターショー2009

いかがだったでしょうか。

そんなこんなでちょっと寂しい東京モーターショーでしたが、来年はまたいつものようなお祭り騒ぎになることを期待しておきます。

東京モーターショー2007

  • Posted by: Rainyblue
  • 2007-11-21 Wed 19:35:26
  • Cars
11月1日に、東京モーターショー2007に行ってきました。今回で4回目の訪問です。授業のない平日を狙って行ったのですが、それでもかなりの人出でした。ただ、今回初めて平日に足を運んだので、すべて土・日曜日だった過去3回の人の多さに比べれば、かなり少なかったと思います。今回一番の目玉である日産GT-Rも、他の展示車両に比べれば別格の人だかりでしたが、それでも5分ほどで最前列にて見ることができました。

他にも書きたいことがたくさんあるのですが、何やら明日以降は大学祭の準備でサークルが忙しくなるということなので、後日追記することにします。

Yahoo!のフォトアルバムに当日に撮影した写真をアップロードしておきました。もしよろしければご覧ください。たまに車と一緒にコンパニオンのお姉さんが映っていますが、私は彼女らのカメラ目線が苦手なので、あえて目線を外して撮影しました(笑)。

☆フォトアルバムはここをクリック☆

大分こなれてきた「新車ファイル クルマのツボ」(TVKテレビ系)

  • Posted by: Rainyblue
  • 2005-09-20 Tue 00:21:19
  • Cars
三本和彦氏が司会を務めた「新車情報」(TVKテレビ系)が終了してから数ヶ月が経過したが、後番組して岡崎五朗氏らが司会を務める「新車ファイル クルマのツボ」(同)が放送されている。

実はこの番組、初回放送以来まともに見ていなかったのだが、今回久々に見ることができた。今回の車は「日産フーガ」だった。車の良し悪しはさて置き、今回久々に見てこの番組の成長を感じ取ることができた。

岡崎氏はメーカー担当者に厳しい意見をハッキリと言っているし、もう片方の司会者の小森谷氏も素人視点から率直な感想を述べていた。

正直、あの三本氏の後継番組はなかなか上手くいかないだろうと思っていたのだが、まだまだ三本氏の足元には及ばないものの、これなら大丈夫と思わせてくれるものだった。

これからも定期的に見るようにしたいと思う。

新番組「新車ファイル クルマのツボ」の感想

  • Posted by: Rainyblue
  • 2005-04-18 Mon 17:54:41
  • Cars
三本和彦さんの「新車情報」に変わり、4月から「新車ファイル クルマのツボ」がTVK系列でスタートし、私も群馬テレビ経由で15日の金曜日に視聴した、15日は、私の頭の中はドラえもんのことでいっぱいだったため、危うく見逃すところであった。

あの三本和彦さんの事実上の後番組のわけだから、実際あまり期待せずに見ていた。今回司会を務めるのはモータージャーナリストの岡崎五朗氏、アシスタントは小森谷徹氏と大原裕美さんである。 岡崎氏は新車情報にもたびたび顔を出していたし、モータージャーナリストの中ではかなりの稼ぎ頭だ。果たして三本さん並の支持を得ることができるのだろうか。

あくまで新番組だから番組名は違うのだが、スタジオや演出は新車情報とほぼ同じであった。第1回はコルベットだ。いきなりアメリカの高級スポーティカーを持って来るとは、やはり番組の趣旨が違うのだろうか。今後の放送予定は次の通り。


番組スケジュール
4月10日 ニューコルベット
4月17日 クライスラー 300C
4月24日 アウディ A4
4月 1日 三菱 ランサーエボリューションIX
5月 8日 メルセデス・ベンツ Aクラス
5月15日 日産 エルグランド 2.5
5月22日 トヨタ ハリアーハイブリッド



割と外国車や高級車が多いようなので、前とは少し番組の趣旨が違うのかも知れない。

感想としては、やはり三本さん張りのケチや不躾が見られなかった。ただ、まだ第1回の放送なのでこれからも暖かく見守ることにする。




「新車情報」最終回、群馬でも放送終了

  • Posted by: Rainyblue
  • 2005-04-09 Sat 18:08:34
  • Cars
TVKテレビで放送している「新車情報」という番組は5日遅れで群馬テレビでも見ることができる。前にも書いたが、最終回の放送が我が地元・群馬でも終了したのでその感想を記したい。

最後の放送は「新車情報大賞」の発表だ。これは視聴者からの投票で決められる賞である。関東地方での放送は群馬県が最後なので、ネタバレを書いても大丈夫だと思ったが、5月に山形県で最後の放送があるというので、もし見たい方は文字を反転させて御覧いただきたい→
新車情報大賞は日産ティーダに決定した。また、詳しいことはTVKのホームページに載っているので併せて御覧いただきたい。

最終回といっても三本さんらしく放送は淡々と進み、最終回らしいといえるのは下記に示す三本さんの最後の挨拶だけであった。

新車情報 最終回について番組に最後に三本和彦氏からコメント

長いことこの番組をご覧頂きありがとうございました。
一生懸命やりましたが中には不出来な番組があったかもしれません。
けれども、視聴者のため、
また、日本の自動車工業のために、
そして、日本の自動車が世界で生き残るために何かの刺激を与えてあげないといけない。

この番組の企画もストーリーも76年に考え77年から番組をはじめました。
私に残された時間が短くなりました。
それで、このあたりで自分自身の時間がほしいという風に思いました。

どうも長い間、ありがとうございました。



もう御歳73になるという三本さん。これからは、自分の時間を大切にして欲しい。



Index of all entries

Home > Cars Archive

Tag Cloud
Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。